第2回 患者さんと医師・医療スタッフの相性

Q. 主治医や医療スタッフからかけられた「傷ついた言葉」

A. 患者さんのホンネ 3(全5ページ)

  • 不安に思ってて、血液検査も芳しくなくてどうしたら良いのかと尋ねても、これといったアドバイスがもらえなくて、「薬物治療も現状のままで〜」と言われた時は、何でそう事務的な言葉しか話してくれないのかなて思いました(涙)(その他:緩急型?1.5型。(発症2型))
  • 人の顔を見て「あなたは糖尿病の顔をしている」、「果物を食べるのは諦めなさい」、「肥えてないなぁ・・・」「このままでは必ず眼がつぶれますよ」すべて嫌な思いをしたものです。忘れられないものですね。(2型糖尿病)
  • 低血糖を起こしやすいので、「起こさないため少な目にインスリンを打つようにしましょう」と言われた時、当然のことだとは思ったが、HbA1cの数値は悪くなるのだろうなと思ったら、ショックだった。(1型糖尿病)
  • 以前行っていた病院では、担当医に「低血糖によくなるのですが」と言っても知らん顔。「しんどさや痺れめまい、動悸があります」と言っても、「糖尿と関係ない」と言われて、入院中に「1型糖尿病は、絶対にインスリンしかだめです。」といわれたのに薬を出されました。紹介状を書いて頂く時も、「今、私は精神的肉体的にもいっぱいで・・・昏睡の患者さん見ているので、紹介状書けません」と言われ、「いい先生見つけましたねっ」といやみまでいわれました。今の先生とスタッフの方には、一型糖尿病と精神的にも支えて頂いてます。安心して病院に行き、一型糖尿病ライフを過ごしています。(1型糖尿病)
  • 順番待ちが違っていたので指摘したら、「他の病院に変わったら?」と言われた。検診の真似の様な診断(処方箋をもらうだけなのに。。)(1型糖尿病)
  • 「もう治らへん!!!」(1型糖尿病)
  • 他の患者さんと間違われて話しをされたり、質問をしても答えてもらえませんでした。(2型糖尿病)
  • 複数回の治療経過報告も忘れていることがある。(2型糖尿病)
  • 半年前から発生していた現在進行している手指先の痺れと変色について、合併症との関連を質問した時、「1年に行った神経伝導の検査結果から見て関係ない」と言われたこと。関係ないのであれば、どの診察科で診て貰えばよいのかを質問しても返答が無かった。また、処方されたインスリン注射量と血糖降下剤の作用で、たびたび低血糖症状が発生する。「状況に応じて判断しろ」と言われたも、増減の判断基準が明確にされない。生活に余裕があれば転院したいと考えている。(2型糖尿病)
  • 「注射さえしていれば、君は"普通の生活ができるんだよ"」この言葉に縛られて、いい子でいようと努力して、摂食障害になり、7年間落ち込みました。(1型糖尿病)
  • 「勝手にインスリンの単位数を変えてはいけません」(1型糖尿病)
  • 仕方が無いことですが、今後の病状悪化予想を聞かされた時。(1型糖尿病)
  • 10年以上前ですが、新しく主治医になった先生に、毎月の医療費が厳しく3ヶ月に一度の診察になっていたことを罵られたことがあり、病院宛にメールして主治医を変えてもらったことがあります。確か「食べてるから、こんなにA1cが高いんだろ。食べる分で毎月通えるだろ」だったと思います。それまでの経緯などは確認していないようで、1型とは理解していないようでした。(1型糖尿病)
  • 1型で初めに入院した病院ではしてはいけない事だらけのストレスで押し潰されていた。「君の命を救ったのは僕だ」とまで言われ、疑問に包まれた。今の病院に移り疑問や病気に関するストレスを除いてくれた。(1型糖尿病)
  • 受診に行った日にたまたま血圧が高く、他の数値が正常にもかかわらず脅すように薬を飲む事を勧められた(1型糖尿病)
  • 1型も2型も治療は同じ定期健診の眼科で、眼科医に「なんで糖尿病になったの?」と聞かれた(主治医制ではなかった)(1型糖尿病)
  • 通院している病院ではないが、以前勤めていた会社の産業医から、退院して数日後に「1型は子どもの病気で、あんたの歳(46歳)なら2型だ」と云われたのには、正直、ヘコみました。10日間の入院中に何とか気持ちを切り換えて、病気を受け入れようと覚悟したばかりだったので、とても悔しかったですね。(1型糖尿病)
  • 看護師は忙しいのか、ちょっとしたことも小言のように話す技師からアドバイスのようなことを言っているようなことがあったが、結構説教じみていて気分を害したことがある(2型糖尿病)
  • 主治医の引き継ぎがあったときなど、代わった先生に当初信用してもらえず、お互いの信用って時間を掛けて作って行くものだと思った事があります(1型糖尿病)
  • 「数値が変わらないようでしたら、薬を増やしましょう」それよりも他にないのか(運動、食事等)(2型糖尿病)

(2013年07月 公開)

このアンケート調査は2013年5月に行われたものです。それぞれのコメントにある、HbA1cの表記をはじめ、治療指針、医療制度、保険制度、法令等は、アンケートを実施した当時の状況のものです。現在のものと異なる部分もありますが、ご了承ください。

患者さんのほんね、
医療者のホンネ

第13回 糖尿病患者さんの喫煙状況・禁煙指導について

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第12回 高齢患者さんの血糖自己測定について

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第11回 眼科・歯科の定期検査と情報連携

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第10回 食事療法の継続と実際的指導について

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第9回 糖尿病とインフルエンザ予防

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第8回 血糖自己測定の有効活用

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第7回 使用済み穿刺針の廃棄

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第6回 糖尿病患者さんの熱中症対策

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第5回 高齢患者さんの糖尿病治療

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第4回 糖尿病患者さんの恋愛・結婚・出産を考える

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第3回 災害への備え -東日本大震災からの教訓-

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第2回 患者さんと医師・医療スタッフの相性

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ

第1回
糖尿病の不便・不満・ストレス

患者さんのホンネ

医師・医療スタッフのホンネ