糖尿病の本・ビデオ トップページへ メールマガジン無料登録

患者・家族対象 - 糖尿病全般
 糖尿病にいまから取り組む! 880万予備軍のための必携本
鈴木吉彦(保健同人診療所所長、日本医科大学客員教授)
 小学館文庫の1冊。健康診断で「血糖値が高い」と言われた糖尿病予備軍の人たちに向けて送る生活指導書。糖尿病とはどんな病気なのか、なぜ糖尿病になるのかといったことが、手軽な文庫本にまとめられている。第1章では、糖尿病予備軍に該当する可能性がある22のさまざまなケースを紹介。引き続いて、食事療法から運動療法、さらに糖尿病に関する基礎知識を解説していく。主な内容は、第1章 あなも糖尿病予備軍!? 思い当たることはありませんか/糖尿 病の遺伝があるので心配、ストレスが原因で深酒する毎日、家族に心配をかけたくない、糖尿病でないのに治療を勧められた、インスリンの濃度が高いといけない、糖尿病は治らないと医者が言う意味 第2章 糖尿病の見極め方/完全には解明されていない高血糖の原因、糖尿病の自覚症状 第3章 急増している糖尿病予備軍/50歳代の4人に1人が糖尿病!?、なぜ予備群が急激に増加しているのか 第4章 糖尿病になりやすい危険因子/糖尿病の4つのパターン、軽症糖尿病だからこそインスリン療法を、出生時の体重で糖尿病の確率が左右される!? 第5章 恐ろしい糖尿病の合併症/糖尿病の三大合併症、軽症のうちから血圧管理を 第6章 糖尿病の薬物療法/治すのではなく血糖をコントロールする、健康な人と変わらない生活を送るには 第7章 「糖尿病予備軍が怖い」本当の理由/食後の高血糖も危険の目安に、糖尿病が引き起こす「死の四重奏」 第8章 食事療法で予備軍になるのを防ぐ/厳しい食環境では劇的に改善される、じっくり相談にのってくれる栄養士を探そう、糖質は特徴を生かして取り入れる 第9章 運動療法の必要性とその効果/重要になってきた運動療法、1kg減らすには40時間歩く必要がある!?、途中で投げ出さないための環境づくり など。
●文庫・240ページ \540(本体\514+税) 2004年発行 小学館(03-5281-3555)
 ホームページ→トップ


 わかりやすい 糖尿病Q&A 212の質問に答える

鈴木吉彦(保健同人事業団付属診療所所長、日本医科大学客員教授)

 いかに血糖をコントロールし合併症を防ぐか、糖尿病のタイプに応じた治療法とは。数多くの選択肢を紹介し、患者さんの疑問に答える。Q&A形式なので、最初から順序立てて読み進めなくても、目次を見て知りたい項目の出ているページを探し、必要な情報・知識を手早く入手することが可能。全部で212の質問項目があり、「どのくらいの確率で障害が起こるのか?」「メガネを作るときになにか注意は必要か?」「1.5型糖尿病とは?」「効率の悪い通院は減らしたいのだが…」など、医療情報にとどまらず、糖尿病と長くつき合っていくうえでぜひ知っておきたい、現実に即したアドバイスが豊富。
以下、目次より抜粋。第1章 糖尿病の基礎知識/第2章 糖尿病を早期に見つけるには/第3章 糖尿病の合併症とその管理/第4章 糖尿病管理に必要な検査/第5章 糖尿病の治療とは/第6章 糖尿病と上手につきあっていくために など。
●A5・176ページ \1,314 2003年発行 保健同人社
 出版社ホームページ→トップ


 よくわかる糖尿病生活セミナー 食事と飲み薬で治療している方々のために
編集:社団法人日本糖尿病協会
 糖尿病を治療中の患者さんをめぐる食事・運動・合併症、旅行など、さまざまな生活の問題を56の項目にまとめ、イラスト図表を多用し58人の専門医がわかりやすく解説。56項目めの「糖尿病用語のショート解説」は、糖尿病関連用語を簡潔に解説した「糖尿病用語辞典」で、非常にわかりやすい。主な内容は、糖尿病とは、肥満と糖尿病、糖尿病の症状、糖尿病と診断されたら、治療を成功させるために、糖尿病の検査、食事の工夫いろいろ、糖尿病の飲み薬、低血糖になったときの対策、高血糖になったときの対策、病気になったときの対策、手術・抜歯と予防注射、足のケア、口の中の健康、糖尿病と透析、民間療法には注意、糖尿病と就職、糖尿病患者さんの結婚・妊娠・出産、糖尿病と嗜好品、糖尿病と旅行・海外旅行、糖尿病とスポーツ、生命保険の加入、糖尿病養生訓、妊娠糖尿病、高齢者の糖尿病、糖尿病による失明・網膜症、糖尿病による腎臓の病気、糖尿病と動脈硬化、糖尿病と心筋梗塞・脳梗塞、糖尿病と高血圧、糖尿病と感染症、など。
●B5・160ページ \1,890(本体\1,800) 2003年発行 日本医学出版(03-5800-2350)
 ホームページ→トップ注文


 イラストと川柳で学ぶ糖尿病

板東 浩(徳島大学生体情報内科学)

 だれが読んでも基本的な事柄が理解できるように、糖尿病にまつわる話題(テーマ)を 93項目に絞り、それぞれの見出しを川柳で表現し、1項目につき見開き2ページに収めて解説している。川柳(見出し)の意味を、イラストと簡単な文章で説明していくパターンの繰り返し。見出をいくつか紹介すると、「気をつけよう 足のトラブル 要チェック」「知らぬ間に からだの血管 ぽろぽろに」「スポーツは 根性ではなく 楽しんで」「味けない 食事はつらい 腎不全」「熊本で 世界に誇る 研究だ」といった具合。
●A5・187ページ \1,300 2003年発行 総合医学社(03-3219-2920)
 出版社ホームページ→トップ




 目で見てわかる糖尿病(1) もしも100人の糖尿病村があったら ―はじめの一歩が大切―
著:坂根直樹(神戸大学分子疫学)
「日本がもしも人口100人の小さな村だとしたら、そのうちの11人は高血糖」「もしも糖尿病の人だけが集まった人口100人の糖尿病村があったとしたら、がんで亡くなる人が29人、糖尿病と深い関係がある血管の病気で亡くなる人が40人、低血糖で亡くなる人は1人もいない」「糖尿病村の100人の7年後の運命は…」などの具体的な数値と、簡潔にまとめられた文章を興味深く読んでいるうちに、自然と糖尿病について知識が身に付くという、新しいアイデアのテキスト。(2)「自信がもてる食事療法のコツ」、(3) は「あなたが変わる運動のコツ」、(4)「あなたもできる減量作戦」、(5)「あなたの知らない薬の世界」、(6)「合併症を防ぐ7つの鍵」、(7)「村人からの素朴な疑問」と続くシリーズの第1冊(2004年6月現在 (6)まで既刊)。
●B5・111ページ \990 2003年発行 診断と治療社
 出版社ホームページ→トップ詳細


<< 前の5件へ    9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19   

現在の掲載書籍数1121冊
現在の掲載出版社数128社
糖尿病患者とその家族対象
 糖尿病全般
 食事療法について
 運動療法について
 薬物療法について
 小児・ヤングの糖尿病
 肥満やメタボ、予備群
 合併症他・特定の事柄
 エッセイ・雑誌・機関紙、他

医療関係者対象
 糖尿病一般
 検査・診療
 1型糖尿病・合併症他・各論
 肥満・Met-S・予備群
 フットケア
 CKD
 ・糖尿病一般
 ・食品・栄養関係
 ・患者指導一般
 ・食事療法
 ・運動療法
 ・薬物療法

糖尿病を特集した雑誌
糖尿病関連定期刊行物

特 集
ビデオ・CD-ROMなど

・インターネットで読める本
 ⇒ぼく糖尿病なの?

保健指導関連書籍
 ⇒保健指導リソースガイド
掲載内容について

本の詳しい内容については、各出版元にお問い合わせください。
なお、価格は発行日が2004年3月以前のものは本体価格のみを表示し、発行日が2004年4月以降のものは税込価格(カッコ内に本体価格)を表示しています。また、著者の肩書きはその出版物に表記されているものです。

出版社の方へ

掲載は無料です。掲載したい本がありましたら見本誌をお送りください。内容を確認の上、掲載させていただきます。