糖尿病の本・ビデオ トップページへ メールマガジン無料登録

患者・家族対象 - 食事療法について
 糖質制限ダイエットで何の苦もなく糖尿病に勝った!

著:桐山秀樹(ノンフィクション作家)

糖尿病なのに、酒を飲み肉を食べ 3ヵ月で17キロ減!!
糖尿病になった著者は「糖質制限ダイエット」に出会う。これを実践すると、わずか3ヵ月でメタボも糖尿病も解消。まさに今後の主流となるダイエット+健康法を記した一冊。(出版社HP内容紹介より)
以下、目次より抜粋。第1章  糖尿病発覚からの立ち直り/第2章  敵は、糖質にあり 第3章  「糖質制限実践マニュアルその1」 理論編、糖質制限で何故、痩せるのか/第4章  「糖質制限実践マニュアルその2」 外出、出張時の糖質制限術/第5章  糖尿病より怖かった「肥満」という病 など。
●231ページ 2011年発行 扶桑社
 出版社ホームページ→トップ


 100kcalがめやすの糖尿病予防・改善メニュー

監修:本田佳子(管理栄養士)

糖尿病の予防・改善に有効な「食事療法」を継続実行するのは、ラクなことではない。「食事療法」を気負いなく、楽しく続けられるよう、本書では、バリエーション豊かで美味しい料理45品を紹介。最近注目の炭水化物(カーボ)量も、各料理に併記した。(出版社HP紹介文より)
以下、目次より抜粋。主菜(魚・肉)(さんまの塩焼き、たらのマリネ、かつおのたたき ほか)/主菜(卵・豆腐)(だし巻きたまご、親子煮、たまごとトマトのココット ほか)/副菜(わけぎとあさりのぬた、はくさいのクリーム煮、だいこんのそぼろあんかけ ほか)など。
●B6変型・144ページ \1,050(本体\1,000+税) 2010年 同文書院
 出版社ホームページ→トップ注文


 肉もお酒も楽しんで糖尿病が良くなる

著:牧田善二(糖尿病専門医)

編集担当者が自ら体験して検証した血糖低下法!
肉を食べても血糖値は上がりません。お酒を飲んでも血糖値は上がりません。血糖値を上げるのは炭水化物だけです。  本書は、糖尿病専門医である牧田善二先生の指導のもと、先生が提唱するマキタ式血糖値低下法を編集担当者が実際に体験して、その素晴らしい効果を体験した、異色の糖尿病治療ガイドです。  牧田先生は、このマキタ式血糖低下法を含め、糖尿病腎症・糖尿病神経症・糖尿病網膜症の三大合併症予防、抗AGE合併治療(このAGEこそが合併症の元凶だと先生は言います)、がん、心筋梗塞、脳梗塞、アルツハイマー病などのリスクへの対処を提唱しています。これらを併せてAGEマキタメソッドといいます。  本書はこれらの最先端の糖尿病治療法を、AGE牧田クリニックの患者さんのデータを交え、わかりやすく解説しています。
以下、目次より抜粋。序章 糖尿病はなぜ恐ろしい病気なのか/第1章 AGEマキタ式血糖低下法なら、確実に血糖値が下がる/第2章 本書編集者が実際に血糖値を測定した/第3章 専門医とタッグを組んで合併症を予防・改善しよう/第4章 糖尿病の最新治療法と最新治療薬など。
●191ページ 2010年発行 小学館 出版社ホームページ→トップ


 すぐわかる!すぐできる! 糖尿病の食事療法 カロリーつきカーボカウントナビ

監修:坂根直樹(京都医療センター臨床研究センター予防医学研究室長)
著:佐野喜子(京都医療センター臨床研究センター予防医学研究室、管理栄養士)

 糖尿病の食事療法の一つの手段で、食事の中に含まれる炭水化物(カーボハイドレート、略してカーボ)の量を数えて(カウントして)、食後血糖値のコントロールに役立てる「カーボカウント法」。本書は、食品中に含まれる栄養素のうち、血糖値の上昇に最も影響を与えるものは炭水化物であることに注目した、比較的新しいこの食指療法についての手軽な解説書。主食・主菜・外食メニューなど607品について「どんな食品」に「どれくらいの炭水化物量(カーボ)が含まれているのか」がひと目でわかるように表示している。炭水化物の摂取量を簡単に計算できるように工夫されており、食後の血糖上昇を抑えたり予測するうえで役立つ。カーボカウントだけでは摂取量の総カロリーが不安定になることもあるが、本書には食品のカロリーも併記されており、従来の方法で食事療法をしていた人でも安心感をもって利用できる。また、気になる食塩相当量も記載されている。ほぼ全ページカラー印刷で、食品はカラー写真付きで掲載されており、見やすい。ところどころに掲載されている「野菜ジュースの活用法」「果汁の炭水化物量は?」「鍋物の炭水化物量は?」といった囲み記事もしっかり読んでおきたい。ハンディーなB6サイズながら、1800ルール、1500ルール、500ルールなどについてもしっかりと解説されていて、インスリン治療を行っている患者さんや、食後の血糖値が高い2型の患者さんなどに、カーボカウント法の入門書としてお勧めできる。
●B6・136 ページ 本体\1,500+税 2010年発行 エクスナレッジ
 出版社ホームページ→トップ注文


 高血圧、糖尿病が気になる人の「減塩」ワザ

著:岩崎啓子(料理研究家、管理栄養士)

高年層だけでなく若年層の間でも増えている生活習慣病。その原因のひとつは“塩分のとりすぎ”です! 「男性9g、女性7.5g/日」という厚生労働省の目標値や、高血圧予防と治療の目安「1日6g」を参考に塩分量を見直し、健康意識を高めましょう。
 本書は、おいしく・無理なく・長続きする減塩のヒント集。ヘルシーな『蒸しなべレシピ』が人気で、管理栄養士としても活躍中の料理研究家が、とっておきの減塩ワザを紹介します!
 (1)食材の塩分量を知る、(2)塩気以外の味をとり入れる、(3)献立は味にメリハリを、(4)汁物は控える、(5)塩分排出食材を積極的に――これが、岩崎流・減塩5か条。「だし、うま味成分、旬の食材、酸味、スパイス、香味野菜や油」による味つけワザ、「焼く・炒める・煮る・揚げる・蒸す」などの調理ワザ、年齢別・体調別・季節別の献立ワザなど、バリエーションも豊富。
 食事メニューに困った時にも役立つ1冊!(出版社HP紹介文より)
以下、目次より抜粋。1 だから減塩!塩分の基礎知識(あなたは塩分をとりすぎていませんか?、塩分とりすぎがダメなわけ ほか)/2 減塩ワザ&レシピ食材・調味料編(だしを活用して味をつける、うま味成分の多い食材を使う ほか)/3 減塩ワザ&レシピ料理別編(主菜、副菜 ほか)/4 ここがポイント!減塩献立術(減塩献立の基本、朝食の献立と食べ方 ほか) など。
●A5判並製・168ページ 本体\1,300+税 2010年発行 PHP研究所
 出版社ホームページ→トップ


<< 前の5件へ    2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12   

現在の掲載書籍数1133冊
現在の掲載出版社数128社
糖尿病患者とその家族対象
 糖尿病全般
 食事療法について
 運動療法について
 薬物療法について
 小児・ヤングの糖尿病
 肥満やメタボ、予備群
 合併症他・特定の事柄
 エッセイ・雑誌・機関紙、他

医療関係者対象
 糖尿病一般
 検査・診療
 1型糖尿病・合併症他・各論
 肥満・Met-S・予備群
 フットケア
 CKD
 ・糖尿病一般
 ・食品・栄養関係
 ・患者指導一般
 ・食事療法
 ・運動療法
 ・薬物療法

糖尿病を特集した雑誌
糖尿病関連定期刊行物

特 集
ビデオ・CD-ROMなど

・インターネットで読める本
 ⇒ぼく糖尿病なの?

保健指導関連書籍
 ⇒保健指導リソースガイド
掲載内容について

本の詳しい内容については、各出版元にお問い合わせください。
なお、価格は発行日が2004年3月以前のものは本体価格のみを表示し、発行日が2004年4月以降のものは税込価格(カッコ内に本体価格)を表示しています。また、著者の肩書きはその出版物に表記されているものです。

出版社の方へ

掲載は無料です。掲載したい本がありましたら見本誌をお送りください。内容を確認の上、掲載させていただきます。