糖尿病の本・ビデオ トップページへ メールマガジン無料登録

患者・家族対象 - 食事療法について
 さらにかんたん! カーボカウント

大阪市立大学大学院医学研究科発達小児医学, 大阪市立大学医学部附属病院栄養部


 責任編集の川村智行氏らがカーボカウントを導入したころは,カーボカウントもまだ認知度の低いものでした。川村氏らのグループが臨床でカーボカウントを使い始め,研究会や学会で報告し始めた2003 年ごろには,「日本食では合わないでしょう」,「西洋のように単純な食事ではないわが国では無理だ」といった意見をいただきました。このような疑問を払拭して,多くの1型糖尿病の患者さんたちにカーボカウントの有用性を知ってもらいたいという思いから、何より短く,いいやすいと考え,カーボカウントと命名し、川村氏らは活動を続けてきました。そして今では,糖尿病に関係する医療者であれば,カーボカウントを聞いたことがない方はいないぐらいの用語になりました。また,糖尿病の関連学会で1型糖尿病に関する研究や症例報告では,カーボカウントが当然のように出てくるようになりました。
 しかし現在,どの程度の1型糖尿病の患者さんが実際にきちんと使えているかという点では,十分ではありません。「糖質量の見積もりができない」,「計算が難しい」という意見を聞きます。そこでこのたび,川村氏らが積み重ねてきた経験をもとに『さらにかんたん! カーボカウント』を出版することにしました。
 さらにわかりやすく,もっとかんたんに,カーボカウントを始め,使いこなしていただくことができるように工夫しました。また,本文中では、患者さん自らが開発されたカーボ読み取り専用アプリ「カーボフラッシュトレーニング」も紹介,web上で気軽に体験することが可能です。
Chapter 1 カーボカウント
Chapter 2 糖質10 g = 1 カーボで始める
Chapter 3 カーボを読み取る方法
 1.糖質の多い食品を覚えよう!
 2.糖質の多い食品のカーボの読み取り方を知ろう!
 3.味付けに含まれるカーボの読み取り方を知ろう!
 4.市販食品の栄養成分表示を役立てよう!
Chapter 4 基礎カーボカウント
 1.基礎カーボカウントの基本
 2.糖質量を一定にする方法
Chapter 5 応用カーボカウント
 1.基礎インスリンと追加インスリン
 2.基礎インスリンの設定
 3.追加インスリンの計算
練習問題 STEP 1
Chapter 6 応用カーボカウント実践編
 1.インスリン/カーボ比の調整
 2.食事内容とインスリン量からインスリン/カーボ比を推測する実践的な方法
 3.インスリン効果値の調整
 4.インスリン注射のタイミング
 5.運動時のカーボカウント調整
 6.持続血糖モニタリングを活用したカーボカウント調整
練習問題 STEP 2
練習問題 STEP 3
Chapter 7 タンパク質と脂質への対応
 1.脂質
 2.タンパク質
Chapter 8 カーボカウントQ&A
Chapter 9 カーボカウントの調整手順
 1.基礎インスリンの確認
 2.インスリン/カーボ比(糖質/インスリン比)の調整
 3.インスリン効果値の調整
 4.目標血糖の調整
 5.食後1~2時間のピーク抑制
参考資料
 1.必要エネルギーの算出例
 2.食品カーボ一覧表
 3.食事写真からのカーボ読み取り例
 4.カーボカウント表
 5.血糖表
 6.カーボフラッシュトレーニング(アプリ紹介)
索引
付録 カーボ早見表


 糖質量がわかる! 全1600食品ハンドブック

著者:加藤光敏・加藤則子 監修


内容紹介
 ダイエットの主流となっている「糖質オフダイエット」の基本となる、食品の糖質量がわかるムックです。このムックでは1600品目を掲載。A5の判型で一品一品が見やすく、糖質量順に並んでいるので食品同士の糖質量を一度で比べられます。2016年の12月に「日本食品標準成分表」が5年ぶりに改訂され、15年ぶりに掲載食品が増えました。それに合わせた最新の情報で栄養素を掲載、食品も時代に合わせた最新のものを追加しています。

※本誌に掲載した内容は2016年12月現在の編集部調べによるものです。各メーカーの商品は本誌発売後、仕様や価格が変更される場合があります。あらかじめご了承ください。(出版社HPより)
●大型本: 160ページ (本体\830+税) 2017年発行  宝島社
 出版社ホームページ→書籍トップ


 臨床栄養学I.総論 (Visual栄養学テキストシリーズ)

津田謹輔 (監修), 伏木 亨 (監修), 本田佳子 (監修, 編集)

内容(「BOOK」データベースより)
 臨床にかかわる栄養士に必須の基礎知識が学べる 臨床栄養学の意義や目的,医療や福祉・介護の場面で栄養士がかかわる社会制度などをおさえたうえで,傷病者や要支援者・要介護者の栄養管理のために必要な栄養アセスメントや栄養ケアプランの実施のしかたなど,求められる知識を具体的に解説する.症候や,術後などの特殊な場面での栄養ケアについても本書で学べる. ●172ページ 本体\2,700+税 2016年発行 中山書店
 出版社ホームページ→書籍紹介ページ


 タニタ式 カラダのひみつ: 「一無、二少、三多」のススメ

著・池田 義雄(タ二タ体重科学研究所名誉所長)


内容紹介
ダイエットにも 健康にも効果抜群!
「一無(いちむ)、二少(にしょう)、三多(さんた)」のススメ・・・・・・

・まず禁煙!(一無)
・腹八分目に食べ、お酒もほどほどに!(二少)
・よく運動し、よく休み、多くの人・事・ものに接する!(三多)

無理せず、ガマンせず余分な脂肪を脱ぎすて、病気と無縁のカラダをつくる。
そのヒントがこの本には詰まっています!

・脳から活気を奪う「運動不足病」とは?
・「燃えやすいカラダ」になる方法
・「ぽっちゃり女性」は乳がんに注意!
・寿命が延びるお酒、縮むお酒
・忙しすぎる人にお勧め「2時間10分法」

この1冊でカラダと心が驚くほど快適になる! ●文庫 243ページ (本体\650+税) 2016年発行 三笠書房
 出版社ホームページ→トップ


 糖尿病腎症の食品交換表 第3版

編著・日本糖尿病学会

内容(出版社HPより)
糖尿病腎症を合併した糖尿病患者さんのために考案された食事療法の基準テキスト.13年ぶりに内容を全面改訂した.「糖尿病食事療法のための食品交換表 第7版」と同じ考え方で食事療法ができるように配慮されている.食品1単位の重量が見直されたほか,より使いやすくなるように様々な工夫が加えられた.
主要目次

1 糖尿病腎症の治療について
 1 糖尿病腎症とは
 2 糖尿病腎症治療の目標
 3 糖尿病腎症治療の方法
2 糖尿病腎症の食事療法について
 1 糖尿病腎症の食事療法とは
 2 食事療法の原則
 3 糖尿病腎症の病期と食事療法
 4 糖尿病腎症の食事療法の進め方
 5 本書を効果的に利用するために
 6 本書の基本的な考え方
3 糖尿病腎症の食品交換表について
 1 食品群の分類
  6つの食品グループ(6つの表)
  糖尿病腎症の食品分類表
 2 食べる量をはかるものさし……1単位=80キロカロリー
 3 食品の交換 〜3つの原則〜
4 糖尿病腎症の食品交換表の使い方
 1 1日の指示単位
 2 1日のたんぱく質量
 3 1日の指示単位・たんぱく質をどの表から何単位とるか
 4 朝食,昼食,夕食,間食へどのように配分するか
 5 献立のたて方
 6 1日23単位(1840キロカロリー/たんぱく質50g)の食事献立(例)
  1日の指示単位23単位(1840キロカロリー/たんぱく質50g)の食事献立表
5 食品のはかり方
 1 計量の大切さ
 2 計量器具とはかり方
  計量カップ,計量スプーンではかった分量(g)
6 食事療法を長続きさせるために
  指示単位配分例
  単位配分の仕組み
 1 1日18単位(1440キロカロリー)の指示単位配分例
 2 1日20単位(1600キロカロリー)の指示単位配分例
 3 1日23単位(1840キロカロリー)の指示単位配分例
 4 1日25単位(2000キロカロリー)の指示単位配分例
(付録)22〜25頁に掲載した献立の調理法

B5判・148頁・4色刷・2016年5月19日発行・定価 1,620円(本体 1,500円)
 出版社ホームページ→トップ


   1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11   

現在の掲載書籍数1133冊
現在の掲載出版社数128社
糖尿病患者とその家族対象
 糖尿病全般
 食事療法について
 運動療法について
 薬物療法について
 小児・ヤングの糖尿病
 肥満やメタボ、予備群
 合併症他・特定の事柄
 エッセイ・雑誌・機関紙、他

医療関係者対象
 糖尿病一般
 検査・診療
 1型糖尿病・合併症他・各論
 肥満・Met-S・予備群
 フットケア
 CKD
 ・糖尿病一般
 ・食品・栄養関係
 ・患者指導一般
 ・食事療法
 ・運動療法
 ・薬物療法

糖尿病を特集した雑誌
糖尿病関連定期刊行物

特 集
ビデオ・CD-ROMなど

・インターネットで読める本
 ⇒ぼく糖尿病なの?

保健指導関連書籍
 ⇒保健指導リソースガイド
掲載内容について

本の詳しい内容については、各出版元にお問い合わせください。
なお、価格は発行日が2004年3月以前のものは本体価格のみを表示し、発行日が2004年4月以降のものは税込価格(カッコ内に本体価格)を表示しています。また、著者の肩書きはその出版物に表記されているものです。

出版社の方へ

掲載は無料です。掲載したい本がありましたら見本誌をお送りください。内容を確認の上、掲載させていただきます。