糖尿病の本・ビデオ トップページへ メールマガジン無料登録
医療関係者対象 - 患者指導関連

 コーチングを利用した 糖尿病栄養看護外来−行動変容を促すスキルを身につける

著:松本一成(佐世保中央病院)

「わかっていてもできない」糖尿病患者の生活習慣を変容させる「コーチング」の技法に着目した著者が,コーチングの必要性と基本スキル,世界的なエビデンスをわかりやすく解説.コーチングを用いて10年以上になる「栄養・看護外来」での実践とアウトカムも紹介.さらにはコーチングスキルを磨く練習方法も解説.気軽に読めるコラムも楽しい.患者指導に悩む糖尿病スタッフ必読の書.
以下、目次抜粋。
まえがき
本書の構成について
1章 ぜコーチングの技法が必要か
 糖尿病患者は食事療法や運動療法が苦手−わかっていてもなかなか行動することができない−
 治療がなかなかうまくいかない糖尿病患者
 指示・命令だけではうまくいかない.コーチングを用いたら?
 糖尿病コーチング対話の実際
2章 コーチングの基本スキル
 コミュニケーションを開始するにあたって
 コーチングの基本となる4つのスキル
 面接中に方向を見失わないための「コーチング・フロー(流れ)」
3章 コーチングのエビデンス
 論文にみるコーチングのエビデンス
4章 「栄養・看護外来」の実際
 佐世保中央病院における「栄養・看護外来」
5章 「栄養・看護外来」のアウトカム
 ●「栄養・看護外来」開設後にもたらされた変化
6章 コーチング・スキルを磨く
 コーチングの基本スキルの練習方法
●A5 並製 112頁 2015年発行 中山書店
 出版社ホームページ→トップ

 糖尿病食事療法のための食品交換表 活用編 献立例とその応用

日本糖尿病学会 編

本書は,糖尿病食事療法の手引き書として広く普及している『糖尿病食事療法のための食品交換表 第7版』をベースにして,より多くのバラエティに富んだ献立例を提示している“実践版”です.糖尿病であっても変化に富んだ食生活を楽しめることを患者さんにビジュアルに理解していただけるよう,豊富な献立写真を用いて解説しています.
内容は大きく4つの部分から成っており,まずPart1では,モデル献立として1日15単位,18単位,20単位,23単位,25単位の順に,それぞれ炭水化物の割合が60%,55%,50%の朝食・昼食・夕食・間食を,食事献立表とともに掲載.次にPart2では,Part1のモデル献立の各料理をどのように入れ替えて,多くのバリエーションを作成することができるのか,その具体例を提示.そしてPart3では,1日の指示単位が15〜25単位の各単位における指示単位配分例を,炭水化物の割合が60%,55%,50%の3段階で示しています.また近年では,日常の中で外食や中食を避けることが難しくなっていることから,Part4でそれらを上手に取り入れるための考え方と工夫について解説するとともに,よくある質問とその答えとして付録にQ&Aを掲載しています.
『糖尿病食事療法のための食品交換表 第7版』と本書をあわせて利用することで,より効果的な糖尿病の食事療法を行うことができるようになります.(出版社HPより)
以下、目次より抜粋。
はじめに
「糖尿病食事療法のための食品交換表」と「糖尿病食事療法のための食品交換表 活用編」について
1 食品交換表とは
2 食品交換表第7版を用いた食事療法の実際
Part 1 糖尿病モデル献立集
 ● 1日15単位(1200キロカロリー)/炭水化物60%のモデル献立
 ● 1日15単位(1200キロカロリー)/炭水化物55%のモデル献立
 ● 1日15単位(1200キロカロリー)/炭水化物50%のモデル献立
 ● 1日18単位(1440キロカロリー)/炭水化物60%のモデル献立
 ● 1日18単位(1440キロカロリー)/炭水化物55%のモデル献立
 ● 1日18単位(1440キロカロリー)/炭水化物50%のモデル献立
 ● 1日20単位(1600キロカロリー)/炭水化物60%のモデル献立
 ● 1日20単位(1600キロカロリー)/炭水化物55%のモデル献立
 ● 1日20単位(1600キロカロリー)/炭水化物50%のモデル献立
 ● 1日23単位(1840キロカロリー)/炭水化物60%のモデル献立
 ● 1日23単位(1840キロカロリー)/炭水化物55%のモデル献立
 ● 1日23単位(1840キロカロリー)/炭水化物50%のモデル献立
 ● 1日25単位(2000キロカロリー)/炭水化物60%のモデル献立
 ● 1日25単位(2000キロカロリー)/炭水化物55%のモデル献立
 ● 1日25単位(2000キロカロリー)/炭水化物50%のモデル献立
 ● Part 1掲載のモデル献立の食事献立表
Part 2 糖尿病モデル献立のバリエーション
 ● 1日15単位(1200キロカロリー)/炭水化物60%のモデル献立の応用
 ● 1日18単位(1440キロカロリー)/炭水化物60%のモデル献立の応用
 ● 1日20単位(1600キロカロリー)/炭水化物60%のモデル献立の応用
 ● 1日23単位(1840キロカロリー)/炭水化物60%のモデル献立の応用
 ● 1日25単位(2000キロカロリー)/炭水化物60%のモデル献立の応用
Part 3 1日の摂取エネルギー別の指示単位配分例
 ● 炭水化物の割合と単位配分の仕組み
 1 1日15単位(1200キロカロリー)の指示単位配分例
 2 1日16単位(1280キロカロリー)の指示単位配分例
 3 1日17単位(1360キロカロリー)の指示単位配分例
 4 1日18単位(1440キロカロリー)の指示単位配分例
 5 1日19単位(1520キロカロリー)の指示単位配分例
 6 1日20単位(1600キロカロリー)の指示単位配分例
 7 1日21単位(1680キロカロリー)の指示単位配分例
 8 1日22単位(1760キロカロリー)の指示単位配分例
 9 1日23単位(1840キロカロリー)の指示単位配分例
 10 1日24単位(1920キロカロリー)の指示単位配分例
 11 1日25単位(2000キロカロリー)の指示単位配分例
Part 4 外食・中食の単位の考え方と工夫
 1 外食・中食の特徴
 2 外食・中食を利用するにあたって
 3 外食・中食を 表1から表6,調味料に分類し,単位計算をする
 4 外食時の料理の選び方と工夫
 5 中食の料理の選び方と工夫
付録 食品交換表Q&A よくある質問とその答え
●B5・152P 2015年発行 日本糖尿病協会・文光堂
 出版社ホームページ→トップ

 血糖値をめぐる88の物語

村田敬・岡崎研太郎・編著

糖尿病の診療やケアで最も重要でありながら最も難しいとされていることの1つが,患者とのコミュニケーションである.多種多様な背景を持つ患者たちにどう対応していけばいいのか…経験豊かな執筆陣が,自身が直面した出来事や思いを下地にして物語として綴った.時に寄り添い,時に叱咤激励しながら患者と共に歩んだそれぞれのエピソードが,日々の患者への向き合い方で迷った時のヒントとなる.バイブルとも言える書だ.(出版社HPより)
以下、目次より抜粋。
第1章 測らない人と測りすぎる人
第2章 低血糖不安と高血糖不安
第3章 習慣と言えば、習慣なのですが
第4章 振り返りは大切です
第5章 インスリンを使っていない場合の血糖自己測定
第6章 誰でも年はとります
第7章 血糖自己測定が重荷になるとき
第8章 その人にとっての血糖自己測定の意味
第9章 不自然な記録と出会ったときに
第10章 血糖自己測定から生まれる信頼関係
●A5判・206ページ 2014年発行 中外医学社
 出版社ホームページ→トップ

 糖尿病治療のニューパラダイム 第2巻 薬物療法の実践 〜血糖降下薬を中心に〜

川崎医科大学総合内科学1特任教授 加来浩平 編集委員長
埼玉医科大学総合医療センター内分泌・糖尿病内科教授 松田昌文 編集委員 [第2巻責任編集]
順天堂大学大学院代謝内分泌内科学教授 綿田裕孝 編集委員
近畿大学医学部内分泌・代謝・糖尿病内科主任教授 池上博司 編集委員
東京慈恵会医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科主任教授 宇都宮一典 編集委員

●第2巻は血糖降下薬による治療編。総論ではその作用機序から安全性、ガイドラインにおける各薬剤の位置付け、わが国での薬物治療の動向までを解説。
●各論では、様々な病態や臨床状況に応じた治療法や課題、副作用について詳述。加えて実践の章は服薬指導や医療経済をも視野に入れた充実の内容に。
●第1巻に引き続き、専門医のみならず、糖尿病治療のエキスパートを目指す医師にも必読の一冊!
(出版社HPより抜粋)
以下、目次より
総論
1章 血糖降下薬の作用・作用機序と適用
2章 血糖降下薬の安全性
3章 血糖降下薬治療のアウトカム
4章 血糖降下薬の予防効果
5章 ガイドラインにおける血糖降下薬治療
6章 血糖降下薬治療の現状
トピックス 国内・海外の承認プロセス

各論
1章 血糖降下薬治療の実際
2章 治療動向と現状を踏まえて 3章 血糖コントロール状態の把握
4章 血糖降下薬(注射製剤)の使用
5章 インスリン療法の離脱
6章 インスリンの導入

実践
1章 経口血糖降下薬の服薬指導の実際
2章 糖尿病患者の診療状況
3章 医療経済面からみた糖尿病治療
●B5判 272頁 2014年発行 医薬ジャーナル社
 出版社ホームページ→トップ

 糖尿病治療のニューパラダイム 第1巻 ライフスタイルの改善〜食事療法、運動療法を中心に〜

川崎医科大学総合内科学1特任教授 加来浩平 編集委員長
順天堂大学大学院代謝内分泌内科学教授 綿田裕孝 編集委員 [第1巻責任編集]
埼玉医科大学総合医療センター内分泌・糖尿病内科教授 松田昌文 編集委員
近畿大学医学部内分泌・代謝・糖尿病内科主任教授 池上博司 編集委員
東京慈恵会医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科主任教授 宇都宮一典 編集委員

●多様性に富み、未だ治療目標の達成が難しい糖尿病−そんな臨床現場の医療スタッフを、シリーズ単行本が強力にサポート!糖尿病治療を系統立てて学ぶことができる良書。
●第1巻の前半では糖尿病の最新概念、診断、治療総論を、後半では薬物療法の有効性を引き出すために重要な食事療法、運動療法を分かりやすく解説。
●専門医のみならず、糖尿病治療のエキスパートを目指す医師にも必読の一冊!
(出版社HPより抜粋)
以下、目次より
総論 糖尿病 ―疾患の考え方―
1.糖尿病の歴史
2.糖代謝とその調節機構
3.糖尿病の病態生理
4.糖尿病の分類と診断
5.成因と病態
 1)1型糖尿病の成因と病態
 2)2型糖尿病の成因と病態
 3)その他の糖尿病の成因と病態
 4)妊娠糖尿病の成因と病態
6.糖尿病血管合併症(大血管合併症、細小血管合併症)の病態
7.糖尿病診療に必要な臨床検査と指標
8.日本人の糖尿病の特徴
9.糖尿病治療目標と治療総論
10.糖尿病の予防

各論 1章 食事療法
1.栄養素摂取比率の生化学
2.糖尿病患者における摂取エネルギーと三大栄養素の摂取比率のエビデンス 3.食品交換表の考え方
4.2型糖尿病患者に対する食事指導の実際
5.カーボカウントの考え方と実践
6.グライセミックインデックスのエビデンスと食事療法への導入
7.糖尿病腎症に対する食事指導
8.糖質制限食のエビデンスとそのあり方

各論 2章 運動療法
1.運動による血糖降下のメカニズム
2.糖尿病における運動の予防・治療のエビデンスについて
3.有酸素運動の目標値と実際
4.レジスタンス運動の目標値と実際
5.運動のアドヒアランスをあげるコツ
6.運動処方の適応と禁忌

トピックス
ライフスタイル介入の新しい取り組み
●B5判 236頁 2014年発行 医薬ジャーナル社
 出版社ホームページ→トップ

<< 前の5件へ    3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13   

現在の掲載書籍数1129冊
現在の掲載出版社数128社
糖尿病患者とその家族対象
 糖尿病全般
 食事療法について
 運動療法について
 薬物療法について
 小児・ヤングの糖尿病
 肥満やメタボ、予備群
 合併症他・特定の事柄
 エッセイ・雑誌・機関紙、他

医療関係者対象
 糖尿病一般
 検査・診療
 1型糖尿病・合併症他・各論
 肥満・Met-S・予備群
 フットケア
 CKD
 ・糖尿病一般
 ・食品・栄養関係
 ・患者指導一般
 ・食事療法
 ・運動療法
 ・薬物療法

糖尿病を特集した雑誌
糖尿病関連定期刊行物

特 集
ビデオ・CD-ROMなど

・インターネットで読める本
 ⇒ぼく糖尿病なの?

保健指導関連書籍
 ⇒保健指導リソースガイド
掲載内容について

本の詳しい内容については、各出版元にお問い合わせください。
なお、価格は発行日が2004年3月以前のものは本体価格のみを表示し、発行日が2004年4月以降のものは税込価格(カッコ内に本体価格)を表示しています。また、著者の肩書きはその出版物に表記されているものです。

出版社の方へ

掲載は無料です。掲載したい本がありましたら見本誌をお送りください。内容を確認の上、掲載させていただきます。