糖尿病の本・ビデオ トップページへ メールマガジン無料登録
医療関係者対象 - 患者指導関連

 糖尿病食事療法のための食品交換表(第7版)

編著:日本糖尿病学会

昭和40年の初版以来,糖尿病患者さん,医療スタッフから高い評価をいただいているロングセラー,「食品交換表」の,11年ぶりの改訂.日本人の伝統的な食文化を基軸として,現代の食生活の現状をふまえ,患者さんが医師や管理栄養士などの指導のもとに,毎日の食事を楽しみながら根気よく治療を続けられる内容を目指した.
[改訂のポイント]
1.食品分類表のなかの1単位あたりの栄養素の平均含有量の一部を見直した.
2.食事に占める炭水化物の割合について,60%,55%,50%の配分例を示した.
3.表紙見返しに「私の食事療法」記入欄をつくった.
4.耳慣れない用語や注意点について,コラムや図を挿入して理解しやすくした.
(出版社HPより)
以下、目次より抜粋。
1 糖尿病とは
2 糖尿病治療の目標
3 糖尿病治療の方法
4 糖尿病治療のための食事とは
5 食品交換表について
6 食品交換表の使い方16
7 食品のはかり方
8 食事療法を長続きさせるために
[表1]
 ● 穀物
 ● いも,炭水化物の多い野菜と種実,豆(大豆を除く)
[表2]
 ● くだもの
[表3]
 ● 魚
 ● 貝
 ● いか,たこ,えび,かに,その他
 ● 魚介の干物,水産練製品,佃煮など
 ● 魚介缶詰
 ● 大豆とその製品
 ● 卵,チーズ
 ● 肉とその加工品
[表4]
 ● 牛乳と乳製品(チーズを除く)
[表5]
 ● 油脂,脂質の多い種実,多脂性食品
[表6]
 ● 緑黄色野菜
 ● 淡色野菜
 ● 海藻,きのこ,こんにゃく
[調味料]
 ● みそ,みりん,砂糖など
[外食料理・調理加工食品類・し好食品]
 ● ごはん物,丼物,すし,弁当
 ● めん類,パン食,一品料理ほか
 ● インスタント食品・調理加工食品
 ● アルコール飲料,し好飲料
 ● アイスクリーム,くだもの缶詰,菓子類など
[参考資料]
 食塩が多い食品
 コレステロールが多い食品
 食物繊維が多い食品
 表1,表2,表4の食品,調味料の炭水化物・糖質・食物繊維含有量
 単位配分表から1日の各栄養素の総量を算出できる仕組み(模式図)
索 引
●B5・132ページ 2013年発行 日本糖尿病協会・文光堂
 出版社ホームページ→トップ

 図解でくらべる→わかる! 糖尿病の病態・治療・ケア: どこが違う? どう違う? (糖尿病ケア2013年秋季増刊)

せいの内科クリニック 院長 清野 弘明 編

糖尿病療養指導を行う中でよく聞くキーワードについて、同時によく聞く用語や病態を、たくさんの図表を用いて比較・解説している。見比べることで「何が違うのか」「何が同じなのか」がよくわかり、糖尿病ケアに必要な知識がしっかり身につく。(出版社サイト紹介文より)
以下、目次より抜粋。
【第1章】糖尿病の病態 ・ 検査
(1)糖尿病のない状態とある状態 ーインスリン分泌不全とインスリン抵抗性ー
(2)緩徐進行1型糖尿病と劇症1型糖尿病と急性発症1型糖尿病
(3)小児の1型糖尿病と2型糖尿病
(4)妊娠糖尿病の管理 出産前と出産後
(5)メタボリックシンドロームと糖尿病
(6)空腹時血糖値と食後血糖値
(7)血糖値と HbA1cとGAと1,5-AG
(8)SMBGとCGMS

【第2章】糖尿病合併症〜急性合併症
(1)糖尿病ケトアシドーシスと高浸透圧高血糖症候群
(2)低血糖と重症低血糖
(3)乳酸アシドーシスとケトアシドーシス

【第3章】糖尿病合併症〜慢性合併症
(1)細小血管障害と大血管障害
(2)糖尿病神経障害の初期と後期
(3)多発神経障害と単神経障害
(4)糖尿病腎症 第1期と第2期
(5)糖尿病腎症 第3期と第4期
(6)血液透析と腹膜透析
(7)単純網膜症と増殖前網膜症と増殖網膜症
(8)糖尿病足病変と神経障害と血管障害
(9)脳梗塞と心筋梗塞
(10)歯周病と糖尿病

【第4章】糖尿病の治療
(1)食事療法の実際と指導 ーエネルギー量とバランスー
(2)食品交換表とカーボカウント
(3)運動の急性効果と慢性効果
(4)有酸素運動とレジスタンス運動
(5)合併症がない場合の運動とある場合の運動
(6)インスリン分泌促進薬と抵抗性改善薬
(7)DPP-4阻害薬とGLP-1受容体作動薬
(8)2型糖尿病でインスリン治療を考える場合と考えない場合
(9)各種インスリン製剤の特徴
(10)ベーサル ・ ボーラス療法とCSII
(11)医療者のフットケアと患者さんのフットケア
(12)糖尿病患者さんの術前ケアと術後ケア

【第5章】糖尿病の療養指導
(1)教育入院と外来指導
(2)個別指導と集団指導
(3)自己効力感とエンパワーメント
(4)動機づけ面接法

●B5・280ページ 2013年発行 メディカ出版
 出版社ホームページ→トップ

 糖尿病治療のための注射手技マニュアル

編著 : 朝倉俊成/木下久美子/清水一紀/柳澤克之/和田幹子
糖尿病の正しい注射手技を理解し,最適化された患者指導を行うための“新しい”マニュアル.インスリン,GLP-1受容体作動薬,CSII,CGM,SMBGについて,注射手技をビジュアルにわかりやすく解説し,それらの適応や管理,注射に関わるトラブルへの対応,注射機材の廃棄方法など注射に関わるすべてを網羅.糖尿病治療・療養指導に携わる全スタッフ必読の一冊.

以下、目次より抜粋。
1.医療従事者の役割
2.注射に関する心理的課題
3.治療に関する教育支援
4.注射部位のケア
5.インスリンおよびGLP-1受容体作動薬の品質維持
6.ペン型注入器および注射針の適切な使用
7.インスリンおよびGLP-1受容体作動薬注入器の適応と患者別の注意事項
8.シリンジの適切な使用
9.注射針の規格
10.インスリンアナログとGLP-1受容体作動薬
11.ヒトインスリン
12.グルカゴン
13.皮膚のつまみ上げ
14.リポハイパートロフィー
15.CSII−クイックセットとシルエット
16.CGM−穿刺のトラブル
17.SMBG−穿刺の仕方と代表的な穿刺トラブル
18.妊娠
19.低血糖
20.シックデイ
21.注射器材の安全な廃棄
文献
索引
付録:患者指導用資材
●A5・158ページ 2013年発行 南江堂
 ホームページ→トップ

 もう迷わない!外来インスリン療法マスターブック

著 : 弘世貴久

外来インスリン導入のコツから一歩進んだ知識までマスターできる実践的な一冊.豊富な臨床経験をもつ著者が,「外来導入にふさわしいレジメンは?」「コントロールがうまくいかないときは?」「併用薬はどう選ぶ?」など身近な疑問点を中心にわかりやすく解説.インスリン導入を始めたい方はもちろん,導入で困っている方,一歩進んだインスリン療法を目指したい方にもおすすめ.(出版社HP紹介文より)
以下、目次より抜粋。
I インスリン導入を行うために,まず患者をどうやって説得するか?
II 外来導入に用いるインスリン療法のレジメンはどうするのか?
III いよいよインスリンを持って外来導入!しかし,エビデンスを知るだけでは外来インスリン導入はできない!
IV これであなたもインスリンマスター
●A5・118ページ 2013年発行 南江堂
 ホームページ→トップ

 ここが知りたいインクレチン関連薬

寺内 康夫 編集

「インクレチン関連薬」と総称されるDPP-4阻害薬とGLP-1受容体作動薬の登場によって糖尿病の治療選択の幅は広がり,それに伴い新たな知識が要求されることとなった.本書では必ずしも専門的知識を持っていない医師全般を主な対象として,インクレチン関連薬の特徴,適応,副作用や注意点,処方の実際と使いこなすためのコツなど,「これだけは知っておきたい!」というポイントについて必要知識をコンパクトにまとめた.(出版社HP紹介文より)
以下、目次より抜粋。
§1 インクレチン,DPP-4,グルカゴン
§2 糖尿病患者におけるインクレチン,DPP-4,グルカゴン
§3 インクレチン関連薬に関する基礎知識
§4 インクレチン関連薬を使いこなす
§5 インクレチン関連薬の血糖降下作用
§6 インクレチン関連薬の血糖降下以外の作用
§7 こんな症例・事態に遭遇したら……
●A5判・196ページ 2013年発行 中外医学社
 出版社ホームページ→トップ

<< 前の5件へ    5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15   

現在の掲載書籍数1129冊
現在の掲載出版社数128社
糖尿病患者とその家族対象
 糖尿病全般
 食事療法について
 運動療法について
 薬物療法について
 小児・ヤングの糖尿病
 肥満やメタボ、予備群
 合併症他・特定の事柄
 エッセイ・雑誌・機関紙、他

医療関係者対象
 糖尿病一般
 検査・診療
 1型糖尿病・合併症他・各論
 肥満・Met-S・予備群
 フットケア
 CKD
 ・糖尿病一般
 ・食品・栄養関係
 ・患者指導一般
 ・食事療法
 ・運動療法
 ・薬物療法

糖尿病を特集した雑誌
糖尿病関連定期刊行物

特 集
ビデオ・CD-ROMなど

・インターネットで読める本
 ⇒ぼく糖尿病なの?

保健指導関連書籍
 ⇒保健指導リソースガイド
掲載内容について

本の詳しい内容については、各出版元にお問い合わせください。
なお、価格は発行日が2004年3月以前のものは本体価格のみを表示し、発行日が2004年4月以降のものは税込価格(カッコ内に本体価格)を表示しています。また、著者の肩書きはその出版物に表記されているものです。

出版社の方へ

掲載は無料です。掲載したい本がありましたら見本誌をお送りください。内容を確認の上、掲載させていただきます。