糖尿病の本・ビデオ トップページへ メールマガジン無料登録
医療関係者対象 - 患者指導関連

 さらにかんたん! カーボカウント

大阪市立大学大学院医学研究科発達小児医学, 大阪市立大学医学部附属病院栄養部


 責任編集の川村智行氏らがカーボカウントを導入したころは,カーボカウントもまだ認知度の低いものでした。川村氏らのグループが臨床でカーボカウントを使い始め,研究会や学会で報告し始めた2003 年ごろには,「日本食では合わないでしょう」,「西洋のように単純な食事ではないわが国では無理だ」といった意見をいただきました。このような疑問を払拭して,多くの1型糖尿病の患者さんたちにカーボカウントの有用性を知ってもらいたいという思いから、何より短く,いいやすいと考え,カーボカウントと命名し、川村氏らは活動を続けてきました。そして今では,糖尿病に関係する医療者であれば,カーボカウントを聞いたことがない方はいないぐらいの用語になりました。また,糖尿病の関連学会で1型糖尿病に関する研究や症例報告では,カーボカウントが当然のように出てくるようになりました。
 しかし現在,どの程度の1型糖尿病の患者さんが実際にきちんと使えているかという点では,十分ではありません。「糖質量の見積もりができない」,「計算が難しい」という意見を聞きます。そこでこのたび,川村氏らが積み重ねてきた経験をもとに『さらにかんたん! カーボカウント』を出版することにしました。
 さらにわかりやすく,もっとかんたんに,カーボカウントを始め,使いこなしていただくことができるように工夫しました。また,本文中では、患者さん自らが開発されたカーボ読み取り専用アプリ「カーボフラッシュトレーニング」も紹介,web上で気軽に体験することが可能です。
Chapter 1 カーボカウント
Chapter 2 糖質10 g = 1 カーボで始める
Chapter 3 カーボを読み取る方法
 1.糖質の多い食品を覚えよう!
 2.糖質の多い食品のカーボの読み取り方を知ろう!
 3.味付けに含まれるカーボの読み取り方を知ろう!
 4.市販食品の栄養成分表示を役立てよう!
Chapter 4 基礎カーボカウント
 1.基礎カーボカウントの基本
 2.糖質量を一定にする方法
Chapter 5 応用カーボカウント
 1.基礎インスリンと追加インスリン
 2.基礎インスリンの設定
 3.追加インスリンの計算
練習問題 STEP 1
Chapter 6 応用カーボカウント実践編
 1.インスリン/カーボ比の調整
 2.食事内容とインスリン量からインスリン/カーボ比を推測する実践的な方法
 3.インスリン効果値の調整
 4.インスリン注射のタイミング
 5.運動時のカーボカウント調整
 6.持続血糖モニタリングを活用したカーボカウント調整
練習問題 STEP 2
練習問題 STEP 3
Chapter 7 タンパク質と脂質への対応
 1.脂質
 2.タンパク質
Chapter 8 カーボカウントQ&A
Chapter 9 カーボカウントの調整手順
 1.基礎インスリンの確認
 2.インスリン/カーボ比(糖質/インスリン比)の調整
 3.インスリン効果値の調整
 4.目標血糖の調整
 5.食後1~2時間のピーク抑制
参考資料
 1.必要エネルギーの算出例
 2.食品カーボ一覧表
 3.食事写真からのカーボ読み取り例
 4.カーボカウント表
 5.血糖表
 6.カーボフラッシュトレーニング(アプリ紹介)
索引
付録 カーボ早見表

 プラクティス・セレクション 今度こそできる! 糖尿病の運動療法 サイエンス&プラクティス

『プラクティス』編集委員 企画/田村好史 編著

糖尿病患者の運動実施率を高める効果的なアプローチがわかる一冊!
【主な内容】
●糖尿病運動療法の「サイエンス」と「プラクティス」の両側面をふまえ,運動の意義や現状から実施目標,連携例まで幅広く解説.
●「わかっていても実施できない」現状を打破するための,全国の医療機関,国,自治体,民間施設による知恵が満載です.
B5判 156頁(本体 3,400 円+税) 2018年5月発行  医歯薬出版
書籍紹介ページへ

 『臨床栄養』別冊 栄養指導・管理のためのスキルアップシリーズ Vol.8
糖尿病の最新食事療法のなぜ?に答える 実践編

本田佳子・佐野喜子・曽根博仁・大橋健 編

糖尿病の食事療法に関する疑問や質問に,根拠をもって説明・指導できる!
目次】食事療法の実際と最新の話題/栄養食事指導のコツ/し好への対応/運動療法への理解/薬物療法などへの対応/合併する疾患への対応/療養指導力のスキルアップ B5判 152頁(本体 2,600 円+税) 2018年4月発行  医歯薬出版
出版社ホームページ→書籍紹介ページへ

 プラクティス・セレクション 糖尿病の療養指導Q&A vol.1

『プラクティス』編集委員会 企画/編集:野田光彦

糖尿病専門誌『プラクティス』の好評連載「糖尿病の療養指導Q&A」が待望の書籍化!
内容紹介
●糖尿病の療養指導にあたって知っておきたい知識や話題のトピック,特殊な状況に対応するポイントなどについてQ&A形式で解説.連載時のわかりやすさはそのままに,書籍化にあたり内容をさらに充実
●教科書的な定番とはひと味違った事例を厳選.指導の場面で必ず遭遇する「もっと知りたい」内容を,経験豊富な専門家がわかりやすく紹介
B5判 168頁(本体 3,200 円+税) 2018年5月発行  医歯薬出版
書籍紹介ページへ

 効果につなげる 薬物治療アドヒアランスの改善 〜残薬問題への処方箋〜

石井 均 (編集)


内容紹介

● 50%以下といわれる慢性疾患患者の服薬率は、治療アウトカムを左右する深刻な課題である。これら残薬の問題は、同時にわが国の医療経済を圧迫する一因でもある。

● 配合剤の活用、処方の工夫、患者とのラポールの構築−本書では、各専門家が豊富な経験と最新の知見を基に、患者の薬剤アドヒアランスを高める方法を詳述。

● 医師、薬剤師、看護師、栄養士といった多職種が連携し、患者とともに治療や処方を考えていく“アドヒアランス”。超高齢社会において重要性を増すばかりのその概念を体現する一冊!
(出版社HPより)
●B5判 188頁 本体 4,200円+税 2017年発行  医薬ジャーナル社
 出版社ホームページ→書籍トップ

   1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11   

現在の掲載書籍数1130冊
現在の掲載出版社数128社
糖尿病患者とその家族対象
 糖尿病全般
 食事療法について
 運動療法について
 薬物療法について
 小児・ヤングの糖尿病
 肥満やメタボ、予備群
 合併症他・特定の事柄
 エッセイ・雑誌・機関紙、他

医療関係者対象
 糖尿病一般
 検査・診療
 1型糖尿病・合併症他・各論
 肥満・Met-S・予備群
 フットケア
 CKD
 ・糖尿病一般
 ・食品・栄養関係
 ・患者指導一般
 ・食事療法
 ・運動療法
 ・薬物療法

糖尿病を特集した雑誌
糖尿病関連定期刊行物

特 集
ビデオ・CD-ROMなど

・インターネットで読める本
 ⇒ぼく糖尿病なの?

保健指導関連書籍
 ⇒保健指導リソースガイド
掲載内容について

本の詳しい内容については、各出版元にお問い合わせください。
なお、価格は発行日が2004年3月以前のものは本体価格のみを表示し、発行日が2004年4月以降のものは税込価格(カッコ内に本体価格)を表示しています。また、著者の肩書きはその出版物に表記されているものです。

出版社の方へ

掲載は無料です。掲載したい本がありましたら見本誌をお送りください。内容を確認の上、掲載させていただきます。