糖尿病の本・ビデオ トップページへ メールマガジン無料登録

患者・家族対象 - エッセイ・雑誌・機関紙、他
 糖尿病と心の療法−療養三十五年の教訓
高橋 高
 著者は昭和四十年に1型糖尿病を発症、壮年期に糖尿病性神経障害など合併症が起こり、以来三十五年以上にわたり療養を重ねている。糖尿病の早期治療と自己管理の必要について自らの経験を通して語り、積極的に医療に参加することの重要さについて考察。患者の立場から見た医療の現状、さらには患者の心を癒す医療のあり方についても論じており、貴重な視点を提供している。
●四六・213ページ \1,600 2000年発行 紫翠会出版(075-533-3001)
 ホームページ→トップ注文


 唾液は語る
山口昌樹、高井規安
 血液と同じような化学物質が含まれている唾液。その唾液の働きや唾液を用いた健康診断・医療への応用の可能性などを紹介。著者は非侵襲的血糖測定器の開発も手がけていて、唾液中のブドウ糖濃度と血糖値の相関についても解説されている。
●四六・192ページ \1,650 1999年発行 工業調査会(03-3817-4701)
 ホームページ→トップ注文


 糖尿病とともに90歳 外科医中山恒明が語るすこやかライフ
編著:大森安恵(東京女子医科大学名誉教授、済生会栗橋病院副院長)、渡邉まゆみ
 90歳を迎える現在まで45年間インスリン注射をうち続け、合併症のない生活を送る医師の姿に、糖尿病がありながら長寿を実現する健康法のヒントを探る。第一部「一病息災、糖尿病(九十歳を迎えるいま/働き盛りをおそった糖尿病 ほか)、第二部「専門医からみた糖尿病との付き合い方(中山流糖尿病との付き合い方から学ぶこと ほか)」、第三部「がんとの闘いの中で(人生は経験でる/最高の治療は予防にあり/証言:中山流すこかライフ)」の三部構成。
●四六・190ページ \1,100 1999年発行 プラネット(発売は扶桑社 03-5403-8859)
 ホームページ→トップ



 糖尿病にまつわる川柳
監修:(株)神茶園
 ブレンド茶を販売する(株)神茶園が、患者さんを対象に募集した「糖尿病にまつわる川柳」の応募作品集。「病院にて」「一万歩」「時事」など11テーマで、合計約500句を掲載している。“最優秀作品”は「腹が出た 貫禄が出た 糖が出た」。
●B6・135ページ \952 1999年発行 新葉館出版(06-4259-3777)
 ホームページ→トップ注文


 糖尿病こころのケア
監訳:石井均(天理よろづ相談所病院内分泌内科)
 ADA(アメリカ糖尿病学会)発行の「Diabetes Forecast」の記事の日本語訳。なぜ私だけがという怒りや悲しみ、合併症や低血糖の恐怖、誰もわかってくれないという孤独感、血糖コントロールがうまくいかないときのイライラ、そのほか糖尿病があることにより生じる多くの心の問題を、日常生活の中でいかに解決していくか。患者さん本人、家族、あるいは医療スタッフも、一度は読んでおきたい本。
●A5・296ページ \2,400 1999年発行 医歯薬出版(03-5395-7610)
 ホームページ→トップ


<< 前の5件へ    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8   

現在の掲載書籍数1124冊
現在の掲載出版社数128社
糖尿病患者とその家族対象
 糖尿病全般
 食事療法について
 運動療法について
 薬物療法について
 小児・ヤングの糖尿病
 肥満やメタボ、予備群
 合併症他・特定の事柄
 エッセイ・雑誌・機関紙、他

医療関係者対象
 糖尿病一般
 検査・診療
 1型糖尿病・合併症他・各論
 肥満・Met-S・予備群
 フットケア
 CKD
 ・糖尿病一般
 ・食品・栄養関係
 ・患者指導一般
 ・食事療法
 ・運動療法
 ・薬物療法

糖尿病を特集した雑誌
糖尿病関連定期刊行物

特 集
ビデオ・CD-ROMなど

・インターネットで読める本
 ⇒ぼく糖尿病なの?

保健指導関連書籍
 ⇒保健指導リソースガイド
掲載内容について

本の詳しい内容については、各出版元にお問い合わせください。
なお、価格は発行日が2004年3月以前のものは本体価格のみを表示し、発行日が2004年4月以降のものは税込価格(カッコ内に本体価格)を表示しています。また、著者の肩書きはその出版物に表記されているものです。

出版社の方へ

掲載は無料です。掲載したい本がありましたら見本誌をお送りください。内容を確認の上、掲載させていただきます。