糖尿病の本・ビデオ トップページへ メールマガジン無料登録

コメディカル対象 - 食品・栄養関係
 カーボカウントに役立つ食品成分表 ひと目でわかる! 糖質

監修:坂根直樹、著:佐野喜子

【内容紹介】
★栄養成分表示等の算出に用いられる「日本食品標準成分表2010(文部科学省)」に収録されている食品(1,878品)および栄養成分(50成分)に加えて、いま注目の糖尿病食事療法・カーボカウントに役立つ「糖質量の目安」と「カーボカウントの目安」を掲載しました。

★食事のなかで血糖を上げる栄養素は「糖質」。カーボカウントは、食事に含まれる「糖質」の「量を数える(カウント)」ことで、食後の血糖の上がり方を調整する糖尿病食事療法です。「どの食品にどれくらいの糖質が含まれているか」を知ることが、カーボカウントを進めていくうえでのポイントとなります。本書では、「日本食品成分表」を用いた、カーボカウントのやり方をご紹介しています。

★文部科学省の「日本食品成分表」には「糖質」の表記はなく、「炭水化物」の数値が記載されています(炭水化物は「糖質」と「食物繊維」から構成されている)。そこで本書では、「炭水化物」から「食物繊維」を引いた数値を「糖質量の目安」として掲載していますので、「どの食品にどれくらいの糖質が含まれているか」がひと目でわかるようになっています。また、可食部100gあたりに糖質10g以上が含まれる食品を「糖質が多く含まれる食品」と定義し、●をつけてありますので、カウントすべき食品かどうかもすぐにわかります。

★ダイエット中の方、スポーツ栄養を取り入れている人にも役立ちます。

★巻頭のカラーページでは、カーボカウントの基本的な考え方や、食品成分表を用いたカーボカウントのすすめ方をわかりやすく解説しました。
(出版社HPより)


【目次】カーボカウントで見直す糖尿病の食事療法 /糖質の摂取量に注目するワケ/カーボカウントする「糖質」/1日にどれくらいの糖質をとる?/1食分の糖質量の見積もり方/食品成分表を用いてカーボカウント/おもな食品の糖質量&カーボ数/カーボカウントをはじめましょう!/カーボカウント一問一答/この本の使い方/糖質量がわかる! 食品成分表/さくいん/食事記録シート など。
●AB・256 ページ 本体\1,500+税 2012年発行 エクスナレッジ
 出版社ホームページ→トップ


 外でいただく“糖質制限食”奇跡の美食レストラン

監修:山田悟(北里研究所病院 糖尿病センター長)
レストラン・ジャーナリスト 犬養裕美子(レストランガイド)

満腹になっても、からだはすっきり。おいしくって、安心安全な52の銘店。しかも自然に痩せていく!
ボリュームたっぷりのフルコースで糖質量20〜40グラム。糖尿病治療の最前線を走るドクターと、一流料理人がタッグを組んで完成した、血糖値を上げない本格料理とスイーツ。(書籍帯紹介から抜粋)
以下、目次より抜粋。まえがき/本書ができるまで/【対談】おいしいお食事は幸せの礎/すべてはここから始まった ボタニカとの幸せな出会い/本書の取扱説明書/お食事のヒント/フレンチ(13店)/イタリアン&フュージョン(2店)/和食(12店)/寿司(1店)/中華(3店)/関西(6店)/パティスリー(14店)/ブーランジェリー(1店)/奇跡のバックストーリー/山田先生のもう少し詳しいお話し/資料/あとがき など。
●B5・211ページ 2012年 幻冬舎
 出版社ホームページ→トップ


 糖尿病の食事療法 カロリーつきカーボカウントナビ2

監修:坂根直樹(京都医療センター臨床研究センター予防医学研究室長)
著:佐野喜子(京都医療センター臨床研究センター予防医学研究室、管理栄養士)

・「すぐわかる! すぐできる! 糖尿病の食事療法 カーボカウントナビ」の第2弾。
「自分で料理をする際の留意点についてもっと知りたい」とのリクエストをたくさんいただきましたので、自炊派のみなさんにも役立つカーボカウント実践法をまとめました。
・食事のなかで血糖を上げる栄養素は炭水化物。カーボカウントは、食事に含まれる「炭水化物(糖質)」の「量を数える(カウント)」ことで、食後の血糖の上がり方を調整する糖尿病食事療法のひとつです。炭水化物は、「糖質」と「食物繊維」に分けられますが、血糖上昇に関与するのは「糖質」。そこで本書では「糖質量」でカーボカウントしました。
・糖質が多く含まれる主食については、あらゆる種類や分量に含まれる糖質量を実物写真とともに表示。たとえば、「ごはん」と「うどん」では、それぞれどれくらい食べれば同じ糖質量(カーボ数)になるのか、がひと目でわかるようになっています。
・おかずに使われる食材(野菜・イモ類・豆類、肉・魚介類など)の目安量と糖質含有量のほか、 メニューごとの糖質量とカーボ数、エネルギー量、脂質量(食物繊維量)、食塩相当量を表示しました。
・家でよくつくるメニューにおいては、材料と調味料に分解して、どこに糖質が含まれているのかが確認できるようになっています。
・本書に沿って巻末の「食事記録シート」に記入していけば、毎日摂取すべき糖質量を自分の食事パターンに沿って決めることができます。(出版社HPより)

以下、目次より抜粋。カーボカウントの基礎知識/カーボカウントをはじめましょう!/カテゴリー別・カーボ&カロリー/Check!/Column など。
●B6・164 ページ 本体\1,500+税 2012年発行 エクスナレッジ
 出版社ホームページ→トップ注文


 糖質制限食のススメ その医学的根拠と指針

著:山田 悟(北里研究所病院 糖尿病センター長)

新たな糖尿・ダイエット食として話題の食事療法について、糖尿病治療の第一人者が最新研究に基づき解説。その顕著な有効性、カロリー制限との使い分け、糖質の制限方法……などについて明らかにする。
(出版社HPより抜粋)
第1章 ゆるい糖質制限食は続けられる食事療法
第2章 糖尿病と治療食
第3章 カロリー制限食との棲み分け
第4章 バーンスタインの示す糖質制限食の限界
第5章 ゆるい糖質制限食のやり方(★糖質が少ない食品と多い食品の分類表 ★食品100g中の糖質量(g))
第6章 様々な糖質制限食と定義づけ
第7章 糖質制限食批判への反論
第8章 社会へのアピール
●四六判 並製・224ページ (本体\1,400+税) 2012年発行 東洋経済新報社
出版社ホームページ→トップ


 100kcalで考える 食事指導BOOK メタボ対策から介護食まで

監修:戸山芳昭(慶應義塾大学スポーツ医学研究センター所長)

生活習慣病のコントロールに重要な食事療法について、慶應義塾大学スポーツ医学研究センターの食事指導のシステムをもとに、専門スタッフのいない診療現場での食事指導を念頭に編集。100kcal、100gといった一般人が把握しやすい単位を用い、食品の栄養成分の把握を容易にすると同時に、食事を「主食、主菜、副菜」にわけて構成。何をどれだけ食べればよいかなど、患者指導ツールとして、外来診療で是非ご活用下さい!(出版社HP紹介より)
以下、目次より抜粋。第1章 特定保健指導・食事指導の前に押さえておきたい基礎知識((1)診療ガイドラインと食事療法の基礎知識、(2) 食事と栄養指導のために医師が知っておきたい知識)/第2章 食事と栄養指導の実践編 ─ 食事指導の優先順位を念頭に((1)食事と栄養指導、(2)ダイエットデザインハウスの治療食への応用)/第3章 生活習慣病の指導に使える記録表とアドバイスカード(1 患者さんに自己管理をしっかりしてもらうために ─ 記録表とアドバイスカードの活用 、2 アドバイスカード ─ 患者さんの説明に活用しましょう、食事指導の際に知っておきたい!お役立ちコラム、介護食についての基礎知識Q&A ─ 高齢者の食における問題と対処法)/第4章 食品データ集(1 100kcal食品・食事交換表、2 食品100kcal当たりの栄養成分含有量順位表、3 外食栄養評価表─ 100kcal当たりの外食栄養評価表の見方と使い方、4 濃厚流動食品)など。
●A4・156ページ 2011年発行 日本医事新報社
 出版社ホームページ→トップ


<< 前の5件へ    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9   

現在の掲載書籍数1129冊
現在の掲載出版社数128社
糖尿病患者とその家族対象
 糖尿病全般
 食事療法について
 運動療法について
 薬物療法について
 小児・ヤングの糖尿病
 肥満やメタボ、予備群
 合併症他・特定の事柄
 エッセイ・雑誌・機関紙、他

医療関係者対象
 糖尿病一般
 検査・診療
 1型糖尿病・合併症他・各論
 肥満・Met-S・予備群
 フットケア
 CKD
 ・糖尿病一般
 ・食品・栄養関係
 ・患者指導一般
 ・食事療法
 ・運動療法
 ・薬物療法

糖尿病を特集した雑誌
糖尿病関連定期刊行物

特 集
ビデオ・CD-ROMなど

・インターネットで読める本
 ⇒ぼく糖尿病なの?

保健指導関連書籍
 ⇒保健指導リソースガイド
掲載内容について

本の詳しい内容については、各出版元にお問い合わせください。
なお、価格は発行日が2004年3月以前のものは本体価格のみを表示し、発行日が2004年4月以降のものは税込価格(カッコ内に本体価格)を表示しています。また、著者の肩書きはその出版物に表記されているものです。

出版社の方へ

掲載は無料です。掲載したい本がありましたら見本誌をお送りください。内容を確認の上、掲載させていただきます。