糖尿病の本・ビデオ

カテゴリ一覧

食事療法について


北里研究所病院 Dr.山田流「糖質制限」料理教室

2013.07.12

日本糖尿病学会所属医師が初めて出す糖質制限食のレシピ本。糖尿病予防やダイエット効果も期待できます。日本初!病院主催の「糖質制限」料理教室公認テキスト。

●B5・112ページ 2013年発行 主婦と生活社
 出版社ホームページ→トップ


『健康』 5月号臨時増刊 健康食堂

2013.04.16

おいしい食事療法マガジン創刊!!
 生活習慣病が気になる人、食事療法や食事改善を指示されている人に向けた食マガジンを創刊します。
毎号1テーマ!あなたの気になる生活習慣病をおいしく改善する料理が満載です。
健康診断で「食事を改善しなくてはダメ」と言われてしまった人、治療には食事療法が必須の人、さまざまな食事制限を告げられている人……
「もうおいしい物をたっぷり食べるのは無理なのか」とあきらめていませんか?
だいじょうぶです! 人気料理人や料理家が、制限をクリアした上で大満足できる料理を提案します。
健康は維持したいけれど、食べることをあきらめられない!毎日前向きにおいしい物を楽しみたい人に向けたがまん不要のおいしいレシピの数々。
理想的な献立、たっぷり食べたい主菜、満足感をアップさせる汁物や副菜など、食事全般をフォロー。
どれも抜群のおいしさなので、食事制限が必要な人だけでなく、家族みんなで楽しめます。
他に類を見ないレシピ数も自慢。毎日飽きずに続けられるレパートリーが増やせます。
レシピだけでなく、医学的な理論、お取り寄せ、食べ歩きなど情報も満載です。
VOL.1は「血糖値が高めでもおいしく食べたい」がテーマ。
「血糖値が高めですね」と言われた人、糖尿病予備軍の人、治療中の人に役立つ、低カロリーでボリュームたっぷりのレシピをとにかく食べてみてください。(出版社HP紹介文より)

2013年発行 発行元:主婦の友インフォス情報社 発売元:主婦の友社
 出版社ホームページ→トップ


血糖値が上がらないレシピ

2013.03.22

食後の血糖値をいっきに上げない“スローカロリー“レシピは糖尿病はもちろん、高血圧、メタボにもいい!

?副菜 ?スープ ?主菜 ?ご飯 の順に食べるだけ!
食べる時間もスローがいい! 外食アドバイスもしています!

【編集者より】
血糖値を上げないレシピは高血糖、高血圧、脂質異常、内臓脂肪、肥満といったメタボリックシンドロームの改善に効果的!

糖尿病、痛風、歯周病、高脂血症、脳卒中、心臓病、大腸がんなどの生活習慣病の予防にも!!

カロリー計算も献立を立てるのも大変。
本書の「副菜」「スープ・汁物」「主菜」「ご飯」から選べば簡単に[食べる順番定食]のでき上がり!

●判型:A5/並製・128ページ 本体1,300円+税 2013年発行 アスペクト
 出版社ホームページ→トップ


タニタのDr.がすすめるスローカロリーレシピ

2013.02.18

ダイエット、メタボ予防というと、ついカロリーの制限に目が向いてしまいがちです。
 しかし、カロリーを極端におさえることはからだによいとは言えません。
 そこで本書が注目したのは消化吸収の遅い糖質です。
 糖質はゆっくり吸収されたほうが、代謝を高め、脂肪が燃焼しやすくなります。また消化吸収がおだやかな食べ物ほど満腹感が持続します。
 食後に血糖値が急上昇する食べ物は肥満、糖尿病などの生活習慣病のリスクを高めることになります。
 本書ではゆっくり消化吸収する食べ物のエネルギーをスローカロリーと呼び、スローカロリーな食べ物を選んで食べることをすすめています。さらに食物繊維をふんだんに含む食品やスローカロリーな甘味料を使った料理の数々とそれを美味しくつくるレシピを紹介しています。献立や丼もの、スープやデザートまでふんだんにレシピを紹介していますから、毎日の食卓を考えるのにも最適です。
 著者はタニタの研究機関、タニタ体重科学研究所で長年にわたり体重管理や脂肪のコントロールの研究に勤しんできました。本書はその研究の成果を伝えながら、あなたの減量成功をサポートします。(出版社HP紹介文より)

●B5判並製・96ページ 本体1,200円+税 2013年発行 PHP研究所
 出版社ホームページ→トップ



糖尿病3Cワークブック

2013.02.15

1型糖尿病患者の療養指導に必要なカーボカウント(Carbohydrate Counting)、インスリンポンプ(Continuous Subcutaneous Insulin Infusion: CSII)、CGM(Continuous Glucose Monitoring)の3Cについて、70題の演習問題を解きながら知識を身につけていくことができる。設問には基礎的な知識を問うものや、療養指導上で対応に迷う場面などを取り上げている。患者さんとの会話の幅を広げる43のコラムなど、充実した内容のワークブックである。(出版社HPより)

●A4・192ページ (本体3400円+税) 2013年発行 中山書店
 出版社ホームページ→トップ


2 3 4 5

このページの
TOPへ ▲