糖尿病の本・ビデオ

カテゴリ一覧

肥満やメタボ、予備群


メタボリック・シンドロームを知る 内臓脂肪にご用心!

2007.09.10

 2005年に診断基準が発表されるや、わずかなうちに国民全体にその名が知られ、ウエストサイズに一喜一憂する現象が広がったメタボリックシンドローム。本書は、この分野の研究と臨床の第一人者の監修により、メタボリックシンドロームを診断する意味とその対策を、平易な言葉遣いながらも細部にわたって詳細に解説している。日本オリジナルの診断基準が設けられた背景・科学的な根拠の医学的な解説や、医療費削減政策と予防医療の推進という社会学的な話題も取り入れていて、なぜ今メタボリックシンドロームを見過ごしてはならないのかが基本から理解できる。

●A5・248ページ (本体\1,500+税) 2007年発行 三省堂(03-3230-9412)
 ホームページ→トップ


ダイエットの方程式

2007.09.03

 肥満・肥満症の研究と治療に長年携わってきた著者による“必ずやせる科学的ダイエット”。メタボ腹の男性、リバウンドを繰り返している女性に、「ダイエットは王道こそ近道」と説く。イラストを省いて文字を主体に構成されているが、コンパクトな新書サイズにまとめられているため、読みやすい。医学的な知識・情報の押しつけではなく、やせたい人の視点に立ち、やせたい人の弱点(ダイエット失敗のポイント)を抑えながら、平易に書かれた文章が特徴。小刻みに見出しが立てられていて、興味のある部分から拾い読みをしているうちに、全部を読みたくなる。

●新書判・228ページ (本体\1,000+税) 2007年発行 主婦と生活社(03-3563-5121)
 出版社ホームページ→トップ


メタボリックシンドロームを予防・改善する食事・運動・生活習慣

2007.07.20

 メタボリックシンドロームの要因や体のリズム、栄養摂取や運動などについての正しい知識を提供し、具体的にどんなことをしたらよいかを詳しく解説していく。第3章では約70ページにわたりメタボリックシンドローム改善のための食事のヒントがまとめられているが、糖尿病、高血圧、脂質異常症のメタボ三要素に関係する項目を効率よく探すことができるように能率見出しがあって便利。B6変型の手軽な手帳サイズに、充実した内容が盛り込まれた一冊。

●B6変型・160ページ \1,050(本体\1,000+税) 2007年 同文書院(03-3812-7777)
 出版社ホームページ→トップ


図解でよくわかる メタボリックシンドローム

2006.11.25

 内臓脂肪蓄積と動脈硬化進行の関係を早くから発表してきた著者が、日本人2万人以上を対象とするデータによって裏付けられている、患者さんにあったメタボリックシンドロームの治療法を1冊にまとめたもの。メタボリックシンドローム、高血圧、高脂血症、糖尿病、動脈硬化などに大別し、それぞれについて図を用い解説されている。「検査データランキング」などの興味深い試みも。

●A5・168ページ 本体\1,300+税 2006年発行 保健同人社(03-3234-6111)
 出版社ホームページ→トップ



肥満脱出大作戦

2006.02.14

板東 浩(医学博士)
 肥満に関する大切なポイントをわかりやすく伝えるために、中年サラリーマンを主人公として登場させ、日常生活の模様を示しながら、その生活のどこが問題なのか、どうすればよいのかを説いてゆく。肥満について書かれた教科書・参考書やダイエット本とは一線を画す一冊。「どうしたら痩せますか?」「食事は何を摂ったら痩せますか?」「どんな運動をしたら痩せますか?」などの患者さんからの問いかけに困惑しがちな医療スタッフにとっても役立つ。日常の中で「肥満」に対してどのようにアプローチしたらよいかを、「食事」「運動」「心理」の面からわかりやすく解説していく。メタボリックシンドロームなど最新のトピックスなども網羅。見出しをすべて五・七・五の川柳スタイルにするなど、読み進めすさへの配慮もされている。主な内容は、肥満とは、なぜ肥満が悪いのか、マイナスカロリーを稼ぐ食事法、ダイエットは女の専売特許ではない、効果的にカロリー消費する運動法、仕事場でも十分に効果がある、心に潜む肥満の種を解明、あなたの心には何が隠れているか?、ストレスを解消し身も心もスマートに、など。
●四六・192ページ \1,575(本体\1,500) 2006年発行 南山堂(03-5689-7855)
 ホームページ→トップ注文


2 3 4 5

このページの
TOPへ ▲