糖尿病の本・ビデオ

カテゴリ一覧

肥満やメタボ、予備群

さらにかんたん! カーボカウント

2019.08.06


 責任編集の川村智行氏らがカーボカウントを導入したころは,カーボカウントもまだ認知度の低いものでした。川村氏らのグループが臨床でカーボカウントを使い始め,研究会や学会で報告し始めた2003 年ごろには,「日本食では合わないでしょう」,「西洋のように単純な食事ではないわが国では無理だ」といった意見をいただきました。このような疑問を払拭して,多くの1型糖尿病の患者さんたちにカーボカウントの有用性を知ってもらいたいという思いから、何より短く,いいやすいと考え,カーボカウントと命名し、川村氏らは活動を続けてきました。そして今では,糖尿病に関係する医療者であれば,カーボカウントを聞いたことがない方はいないぐらいの用語になりました。また,糖尿病の関連学会で1型糖尿病に関する研究や症例報告では,カーボカウントが当然のように出てくるようになりました。
 しかし現在,どの程度の1型糖尿病の患者さんが実際にきちんと使えているかという点では,十分ではありません。「糖質量の見積もりができない」,「計算が難しい」という意見を聞きます。そこでこのたび,川村氏らが積み重ねてきた経験をもとに『さらにかんたん! カーボカウント』を出版することにしました。
 さらにわかりやすく,もっとかんたんに,カーボカウントを始め,使いこなしていただくことができるように工夫しました。また,本文中では、患者さん自らが開発されたカーボ読み取り専用アプリ「カーボフラッシュトレーニング」も紹介,web上で気軽に体験することが可能です。


東大病院 糖尿病教室

2015.06.20

● 好評書籍「やさしい糖尿病教室 改訂版」を全面改訂し,新たに「東大病院 糖尿病教室」として発刊!
● 1テーマ1頁を基本に,“糖尿病治療のすべて”を紹介。患者さんに分かりやすく,かつ幅広く解説。
● 患者さんのご家族や,糖尿病医療スタッフにも最適の一冊!
(出版社HPより)

●A4判 104頁 2015年発行 医薬ジャーナル社
 出版社ホームページ→トップ


激変!「糖尿病治療薬」最前線

2014.04.25

インスリンだけが薬じゃない!「魔法の新薬」SGLT2阻害剤で、世界が変わる。「夢の新薬」GLP1の週1回注射で、生活が変わる。「糖尿病が治る時代」がすぐそこに来た! 糖尿病患者および予備軍は、日本国内で2000万人以上。国民の5人に1人が悩まされている糖尿病の治療に朗報がもたらされました。話題の魔法の新薬「SGLT2阻害剤」が、ついにこの4月から順次発売されることになったのです。

発売前から医学界で、そして糖尿病関係者の間で注目を集めているこの新薬は、糖尿病に関係のある膵臓に働きかける今までの薬剤と違い、腎臓から体内に再吸収される「糖」を、薬で外に出してしまうという画期的なアプローチで血糖値を下げます。

新薬に詳しい都内屈指の糖尿病クリニックの院長が、糖尿病治療がどう変わっていくかを徹底解説。最新治療薬のすべてがわかります。

2014年発行 ワニブックスPLUS新書→情報掲載ページ



42才からの糖尿病―血糖値が高めと言われたら

2013.04.26

男性で言えば、42才の厄年の頃にいろいろな体調の変化が出てくる。暴飲暴食のつけで無駄な肉がつき出し、かといって定期的な運動もおぼつかず。さらに定期検診でこれまで言われたことのないようなことを言われ、少なからずショックを受ける人も多いはず。糖尿病の疑いがあると言われ、できれば、病院に行かずに、自分で糖尿病のことを調べたいと思っても糖尿病を説明している本はちんぷんかんぷん。そんな「糖尿病のことは知りたいけども、難しいのはいやだ」という人のための本。糖尿病にはどう対処すればよいのか、また、これを実行すれば大丈夫といったようなことをシンプルに説明。体験者の話も入れ、これをやっておけば当面大丈夫!ということが見つかれば上出来!なお、糖尿病の患者数は約230万人(2011年調べ)。また、健診で血糖値が高く「要治療」と判定されたにもかかわらず、医療機関で受診や治療を受けていない人の割合が約4割にのぼり、30歳代では約6割に達すること(健康日本21推進フォーラム調査)。受診はしたが「治療をしていない」という非受療者の割合は16%を占め、未受診者と合わせた“放置群”の割合は39%。30歳代では“放置群”が58%と特に多い。そんな人が気楽に開ける本の構成に。

●四六・128ページ 2013年発行 主婦の友社
 出版社ホームページ→トップ


20歳若く見える人の食べ方 老けない、太らない、疲れないオーガスト流フードヒーリング

2012.12.18

食べ方次第で誰もが若返る!

「じつはボク、50歳なんです」
30代に見られることが多い著者の実年齢は、なんと50歳!

歳を重ねるごとに老けて、太って、疲れて……
エネルギッシュに動けなくなるのは、食べものが大きな原因。
ヒーリング効果を持つ食べ物を摂るようにすれば、
あなたも著者のように「老けない、太らない、疲れない」を実現することができます。
本書で紹介するフードヒーリングによるアンチエイジングは、
男女を問わず、何歳からスタートしても誰にでも大きな効果を発揮。
栄養科学博士でもある著者が、およそ30年にわたって研究し、
自ら実証してきた食のノウハウを余すところなく公開する。

新書・176ページ 2012年発行 ソフトバンク クリエイティブ
 出版社ホームページ→トップ


1 2 3 4

このページの
TOPへ ▲