糖尿病の本・ビデオ

カテゴリ一覧

食事療法


糖尿病治療ガイド2014-2015

2014.05.21

本書は日本糖尿病学会が総力を挙げて編集・執筆されたガイドブックで,コンパクトな1冊ながら,糖尿病診療の全体像,最新情報をわかりやすくまとめた,充実した内容となっている.内科医はもとより,外科系の医師,研修医,コメディカルスタッフ(看護師,薬剤師,栄養士,臨床検査技師,理学療法士,臨床心理士など),医療関連企業の皆様にもご好評いただき,広く活用いただいている.今回の改訂では,新しく発表された糖尿病腎症の病期分類に対応させて,糖尿病腎症生活指導基準を一新し,2013年11月に発行された「糖尿病食事療法のための食品交換表 第7版」に沿って食事療法の記載を見直し,新しい薬剤の情報(SGLT2阻害薬など)も加えるなど,全面的にアップデートして大幅な改訂が行われた.(出版社HP紹介文より)

●B5・112ページ 2014年発行 文光堂
 出版社ホームページ→トップ


関西電力病院のおいしい糖尿病レシピ

2014.03.28

【本書の特長】
多くの方が「糖尿病食はおいしくない」という誤解をもっていますが、糖尿病の食事療法では食べていけないものはなく、栄養バランスと食べる量のコントロールが必要になるだけです。健康を維持するために理想的な食ともいえ、一生続けると良い健康習慣になります。
本書では、現代の食生活に柔軟に対応し、糖尿病の食事療法サポートで日本一の呼び声高い、関電病院で行っている食事療法の注意点や調理のコツなどを多数紹介しています。
ボリューム感があり、見た目も味も大満足の、簡単、おいしい、作りやすいレシピを370点以上掲載。
「組み合わせ色分けインデックス」やカロリー表示、ワンポイントアドバイスなど、見やすい、わかりやすいページ構成です。

●B5判・224 ページ 2014年発行 主婦の友社
 出版社ホームページ→情報掲載ページ


糖尿病患者の食事と運動ー考え方と進め方 (ヴィジュアル糖尿病臨床のすべて)

2014.03.10

糖尿病治療の柱である食事療法と運動療法について,エビデンスや従来から行われている指導をもとにその理論(考え方)を解説する.その考え方をもとに,目の前の患者に対してどのような指導(進め方)が適切であるか,コツや落とし穴を具体的に解説する.多くのトピックスも紹介しており,患者指導に自信がもてるようになる一冊.(出版社HPより)

●B5・320ページ (本体\5,800+税) 2014年発行 中山書店
 出版社ホームページ→トップ


糖尿病食事療法のための食品交換表(第7版)

2013.11.01

昭和40年の初版以来,糖尿病患者さん,医療スタッフから高い評価をいただいているロングセラー,「食品交換表」の,11年ぶりの改訂.日本人の伝統的な食文化を基軸として,現代の食生活の現状をふまえ,患者さんが医師や管理栄養士などの指導のもとに,毎日の食事を楽しみながら根気よく治療を続けられる内容を目指した.
[改訂のポイント]
1.食品分類表のなかの1単位あたりの栄養素の平均含有量の一部を見直した.
2.食事に占める炭水化物の割合について,60%,55%,50%の配分例を示した.
3.表紙見返しに「私の食事療法」記入欄をつくった.
4.耳慣れない用語や注意点について,コラムや図を挿入して理解しやすくした.
(出版社HPより)

●B5・132ページ 2013年発行 日本糖尿病協会・文光堂
 出版社ホームページ→トップ



糖尿病食事療法まるごとガイド: 基本も実践もまとめて学べる! 患者指導に活きる! (糖尿病ケア2013年春季増刊)

2013.02.20

糖尿病治療の基本である食事療法の指導について、基礎から実践までしっかり押さえておきたい糖尿病スタッフにオススメ! 糖尿病以外の疾患をもつ患者さんへの対応をはじめ、カーボカウントなどの指導方法や患者対応のコツについてもまとめられ、今日の指導にもすぐ役立つ。(出版社HPより)

●B5・272ページ 本体\4,000円+税 2013年発行 メディカ出版
 出版社ホームページ→トップ


2 3 4 5

このページの
TOPへ ▲