糖尿病の本・ビデオ

カテゴリ一覧

患者指導一般

1型糖尿病診療ノート: 41のヒント

2017.06.28


内容紹介
 1型糖尿病診療の基礎知識から最新治療までをコンパクトに解説.SAPやCGM,新規インスリン製剤の登場,カーボカウントの導入等により著しく進歩した1型糖尿病診療について,診療のヒントとなるエッセンスをまとめた.教科書的な内容でなく,著者の経験から得た実践的内容を提示.糖尿病患者さんを診るすべての医師はもちろん,療養指導を行う医療スタッフにもおすすめの一冊.

●124ページ・2016年・A5・2,500円 + 税
 出版社ホームページ→書籍紹介ページ


経口糖尿病治療薬の疑問76

2017.06.28


内容紹介
 SGLT2阻害薬を含め,近年新薬の登場で複雑になった糖尿病薬物治療について,臨床現場の疑問にQ&A形式で応える実践書.

●300ページ・2015・A5・3,400円 + 税
 出版社ホームページ→書籍紹介ページ



『通じる力』医師のためのコミュニケーションスキル入門

2017.06.01


内容紹介
 コミュニケーションスキルは臨床において重要な能力であり,学部教育,さらに生涯教育においても力が入れられている.著者自身の経験からコミュニケ―ションスキルは生来の資質でなくて,学べること,訓練できることを確信した.

・本書は,特に研修医を読者に想定して,研修医の知りたいことを念頭に置いて執筆.
・医療現場で遭遇する場面を7つのテーマに分け,日常生活の場面も含めて49例のロールプレイの形で提示.

 読むだけでなく,仲間と実際に演じたり,ひとりで朗読して,スキルを磨く副読本に使ってほしい.

●四六判・195頁(本体4,200円+税) 2017年発行  金芳堂
 出版社ホームページ→書籍トップ


糖尿病におけるmultimorbidity

2017.06.01


内容紹介
多疾患罹患状態のガイドラインはない・・・
解決するのは医療スタッフのチームワークだ!
糖尿病におけるmultimorbidityとは何か.
それを回避するためにはどうすればよいか.multimorbidityとなった糖尿病患者にどう介入していけばよいか.糖尿病に併存する疾患や身体条件ごとに対処方法が解説されているため,これからの高齢社会で糖尿病患者に関わる医療従事者には,ぜひ一読することをお勧めする.

●B5判 293頁(本体3,800円+税) 2017年発行  南山堂
 出版社ホームページ→書籍トップ


ケースに学ぶ 高齢者糖尿病の診かた 患者さんを支える43のヒント

2017.06.01


内容紹介
糖尿病専門医,老年病専門医のエキスパートが,高血圧や脂質異常症などの併存疾患,認知症やフレイルなどの老年症候群が多くみられる高齢者糖尿病について,症例を通して診療や患者サポートのポイントをわかりやすく解説! 検査値だけでなく,服薬状況,摂食状態,生活環境などから,個々の症例に沿った治療やケアのヒントを示した決定版.

●B5判 274頁(本体3,800円+税) 2017年発行  南山堂
 出版社ホームページ→書籍トップ


1 2 3 4

このページの
TOPへ ▲