糖尿病の本・ビデオ

カテゴリ一覧

患者指導一般

糖尿病治療からDMS(データマネジメントシステム)指導まで いま読んでおきたい! 血糖データの活かし方

2020.06.05

SMBG,CGM,FGMの出現により日常生活でのリアルな血糖変化の測定ができるようになった.一方,そのデータは膨大であり,インスリン注射や食事,運動等と統合したデータマネジメントシステム(DMS)が必要となる.本書はDMS指導に重要なCGM,FGMや進化したインスリンポンプ,最新アプリ等を事例と共に紹介した.糖尿病管理・指導に役立つ1冊.

●B5・378ページ 本体\4,200+税 株式会社 南山堂
 ホームページ→トップ


臨床栄養 糖尿病エキスパートブック 食事療法・栄養指導に活かす最新情報

2020.05.29

「糖尿病診療ガイドライン2019」が発表され、糖尿病患者の食事療法におけるエネルギーの考え方が変わったこと、また、治療薬をはじめとした糖尿病診療の著しい進展を背景にして、本臨時増刊号では、糖尿病診療にかかわるスタッフが知っておくべき最新情報や知識を一冊にまとめた。
食事療法・栄養指導はもちろんのこと、糖尿病の研究や治療薬・インスリン療法の進歩、合併症・併存症における最新トピックス、カーボカウント、運動療法についてなど、高度化する糖尿病診療にかかわる情報を網羅的に紹介。

●B5判・228ページ 本体\2,900円+税 医歯薬出版株式会社
 ホームページ→臨床栄養


プラクティス・セレクション 糖尿病の療養指導Q&A vol.1

2018.06.13

糖尿病専門誌『プラクティス』の好評連載「糖尿病の療養指導Q&A」が待望の書籍化!

B5判 168頁(本体 3,200 円+税) 2018年5月発行  医歯薬出版
書籍紹介ページへ



糖尿病療養指導の手びき改訂第5版

2017.06.28


内容(出版社HPより)
患者向け書籍『糖尿病治療の手びき』を活用して患者指導を行う医師・医療スタッフのための“公式”ガイドブック。今改訂では、『糖尿病治療の手びき(改訂第56版)』『糖尿病診療ガイドライン2013』など日本糖尿病学会編・著の書籍との整合性をもたせ、新薬をふくめた最新情報を盛り込んだ。糖尿病の基礎知識から療養指導に関わる幅広い内容までをわかりやすくまとめた一冊。

●232ページ・2015年・B5・2,800円 + 税
 出版社ホームページ→トップ

●560ページ・2016年6月・B5・4,300円 + 税
 出版社ホームページ→書籍紹介ページ


糖尿病治療薬 使いこなし術

2017.06.28


内容紹介

 長年糖尿病診療に携わってきた著者が、一般内科医に役立つ薬剤選択のコツを開業医の立場から実践的に解説。目の前の患者とどう向き合い、幅広い選択肢から最適な薬剤をどのように見つけて処方するかといった、治療薬の“使いこなし術”を伝授する。本書を読めば、あなたの糖尿病診療が明日から変わる!

●190ページ・2015年・B5・3,200円 + 税
 出版社ホームページ→書籍紹介ページ


1 2 3 4

このページの
TOPへ ▲