糖尿病の本・ビデオ

カテゴリ一覧

コメディカル対象

医学のあゆみ 273巻3号

2020.04.20

・内視鏡は管腔内を観察してより正確に診断をつけるための機器であり,最初は組織をサンプリングする程度のことしか考えられなかったが,スネアが開発され高周波発生装置と組み合わせることで腫瘍の切除が可能となった.
・スネアしかなかった1990年代までは,切除できるサイズや部位が限られていたが,さまざまな処置具や新たな手技の開発により,現在では狙った範囲をほぼ確実に切除可能な,信頼性の高い治療法へと変貌を遂げている.
・従来は大きな侵襲を伴う外科手術しか選択肢がなかったものも,現在では内視鏡治療の普及により低侵襲治療へと大きくシフトしてきている.

●B5判・70ページ 本体\1,300+税 1946年より発行 医歯薬出版(03-5395-7616)
 ホームページ→週刊 医学のあゆみ


ケースに学ぶ 高齢者糖尿病の診かた 患者さんを支える43のヒント

2017.06.01


内容紹介
糖尿病専門医,老年病専門医のエキスパートが,高血圧や脂質異常症などの併存疾患,認知症やフレイルなどの老年症候群が多くみられる高齢者糖尿病について,症例を通して診療や患者サポートのポイントをわかりやすく解説! 検査値だけでなく,服薬状況,摂食状態,生活環境などから,個々の症例に沿った治療やケアのヒントを示した決定版.

●B5判 274頁(本体3,800円+税) 2017年発行  南山堂
 出版社ホームページ→書籍トップ


プラクティス・セレクション 糖尿病医療を志す 先達から若き人へ贈る言葉129

2017.04.19


内容紹介
●糖尿病臨床・研究・教育を牽引し,貢献してきた医療者129人より,糖尿病医療を志す若き人へ贈るメッセージ集.
●執筆陣は,『プラクティス』編集委員をはじめ, 日本糖尿病学会,日本糖尿病教育・看護学会,日本糖尿病療養指導士認定機構の関係者など,わが国の糖尿病医療界を代表する顔ぶれ.
(出版社HPより)


●A5判: 288ページ (本体 3,000円+税) 2017年発行  医歯薬出版
 出版社ホームページ→書籍トップ



理学療法士のための わかったつもり?!の糖尿病知識Q&A

2017.04.19


内容紹介
●糖尿病領域では現在,運動療法や患者指導における理学療法士のさらなる介入が期待されている.
●理学療法士が,糖尿病医療スタッフの一員として必要な情報を身につけ,根拠ある患者指導を行うことができるよう,Q&A形式でわかりやすく糖尿病の知識をまとめた.
(出版社HPより)


●A5判: 184ページ (本体 3,200円+税) 2016年発行  医歯薬出版
 出版社ホームページ→書籍トップ


糖尿病腎症の食品交換表 第3版

2016.06.07

内容(出版社HPより)
糖尿病腎症を合併した糖尿病患者さんのために考案された食事療法の基準テキスト.13年ぶりに内容を全面改訂した.「糖尿病食事療法のための食品交換表 第7版」と同じ考え方で食事療法ができるように配慮されている.食品1単位の重量が見直されたほか,より使いやすくなるように様々な工夫が加えられた.

B5判・148頁・4色刷・2016年5月19日発行・定価 1,620円(本体 1,500円)
 出版社ホームページ→トップ


1 2

このページの
TOPへ ▲