糖尿病の本・ビデオ

カテゴリ一覧

食品・栄養関係


栄養士・管理栄養士のためのなぜ?どうして? 2
人体の構造と機能/臨床栄養学2

2014.02.07

【本書の特長】
大好評の第1巻に続き,第2巻もいよいよ発売!新米管理栄養士と,何でも知ってるスーパートマトの会話を読みすすめるだけで,管理栄養士国家試験合格に必要な知識がどんどん身についていきます.基礎から理解でき,実践でも役立つ充実の内容です.
第2巻は第1巻同様,臨床の場を舞台に9つのストーリーが展開しますが,糖尿病,CKDという管理栄養士が必ずおさえておくべき知識について多くのページを割きました.その他,甲状腺機能亢進症や骨代謝と栄養素の関係,骨粗鬆症などの重要項目も収録.どの章も丁寧に基礎から解説することを心がけて制作しています.ちなみに,第2巻に収録した管理栄養士国家試験問題(過去6年分)は計177問以上!もちろん,国試が解けるだけでなく,記憶に残るストーリー形式だから,楽しく実力をつけることができます.
国試前や実習前に読むことで実力を大きくアップできますが,現役の管理栄養士のみなさまのスキルアップにも貢献できる実践的なストーリーとなっています.

また、本書は,マンガのように読みやすく,糖尿病の基礎についてしっかり学べる内容であるため,糖尿病の患者さんやご家族にもお薦めできます.糖尿病関連としては,3章にわたって糖質代謝のメカニズムからHbA1cの概要,食品交換表や薬剤の作用についてなど,理解しておきたい重要な内容について,基礎から丁寧に説明されています.

●B6判・448ページ 2014年発行 メディックメディア
 出版社ホームページ→トップ


糖尿病食事療法のための食品交換表(第7版)

2013.11.01

昭和40年の初版以来,糖尿病患者さん,医療スタッフから高い評価をいただいているロングセラー,「食品交換表」の,11年ぶりの改訂.日本人の伝統的な食文化を基軸として,現代の食生活の現状をふまえ,患者さんが医師や管理栄養士などの指導のもとに,毎日の食事を楽しみながら根気よく治療を続けられる内容を目指した.
[改訂のポイント]
1.食品分類表のなかの1単位あたりの栄養素の平均含有量の一部を見直した.
2.食事に占める炭水化物の割合について,60%,55%,50%の配分例を示した.
3.表紙見返しに「私の食事療法」記入欄をつくった.
4.耳慣れない用語や注意点について,コラムや図を挿入して理解しやすくした.
(出版社HPより)

●B5・132ページ 2013年発行 日本糖尿病協会・文光堂
 出版社ホームページ→トップ


糖尿病食事療法まるごとガイド: 基本も実践もまとめて学べる! 患者指導に活きる! (糖尿病ケア2013年春季増刊)

2013.02.20

糖尿病治療の基本である食事療法の指導について、基礎から実践までしっかり押さえておきたい糖尿病スタッフにオススメ! 糖尿病以外の疾患をもつ患者さんへの対応をはじめ、カーボカウントなどの指導方法や患者対応のコツについてもまとめられ、今日の指導にもすぐ役立つ。(出版社HPより)

●B5・272ページ 本体\4,000円+税 2013年発行 メディカ出版
 出版社ホームページ→トップ


糖尿病3Cワークブック

2013.02.15

1型糖尿病患者の療養指導に必要なカーボカウント(Carbohydrate Counting)、インスリンポンプ(Continuous Subcutaneous Insulin Infusion: CSII)、CGM(Continuous Glucose Monitoring)の3Cについて、70題の演習問題を解きながら知識を身につけていくことができる。設問には基礎的な知識を問うものや、療養指導上で対応に迷う場面などを取り上げている。患者さんとの会話の幅を広げる43のコラムなど、充実した内容のワークブックである。(出版社HPより)

●A4・192ページ (本体3400円+税) 2013年発行 中山書店
 出版社ホームページ→トップ



糖尿病性腎症の病態に基づいた栄養管理・指導のコツ

2012.10.10

糖尿病性腎症の食事療法に焦点をあて、各病期での蛋白・塩分・エネルギーなどの具体的な摂取量、献立例、栄養管理・指導のコツについて記した。また、糖尿病性腎症の病態・病期、検査成績の読み方、薬物療法などの治療目標にも触れ、正しい知識に基づいた適切な食事療法の実践を提案している。糖尿病性腎症における多角的な管理について簡潔にまとめられており、医師のみならず管理栄養士にも手にとって欲しい内容となっている。

● B5・204ページ 2012年発行 診断と治療社
 出版社ホームページ→トップ詳細


2 3 4 5

このページの
TOPへ ▲