糖尿病の本・ビデオ

カテゴリ一覧

肥満・Met-S・予備群

さらにかんたん! カーボカウント

2019.08.06


 責任編集の川村智行氏らがカーボカウントを導入したころは,カーボカウントもまだ認知度の低いものでした。川村氏らのグループが臨床でカーボカウントを使い始め,研究会や学会で報告し始めた2003 年ごろには,「日本食では合わないでしょう」,「西洋のように単純な食事ではないわが国では無理だ」といった意見をいただきました。このような疑問を払拭して,多くの1型糖尿病の患者さんたちにカーボカウントの有用性を知ってもらいたいという思いから、何より短く,いいやすいと考え,カーボカウントと命名し、川村氏らは活動を続けてきました。そして今では,糖尿病に関係する医療者であれば,カーボカウントを聞いたことがない方はいないぐらいの用語になりました。また,糖尿病の関連学会で1型糖尿病に関する研究や症例報告では,カーボカウントが当然のように出てくるようになりました。
 しかし現在,どの程度の1型糖尿病の患者さんが実際にきちんと使えているかという点では,十分ではありません。「糖質量の見積もりができない」,「計算が難しい」という意見を聞きます。そこでこのたび,川村氏らが積み重ねてきた経験をもとに『さらにかんたん! カーボカウント』を出版することにしました。
 さらにわかりやすく,もっとかんたんに,カーボカウントを始め,使いこなしていただくことができるように工夫しました。また,本文中では、患者さん自らが開発されたカーボ読み取り専用アプリ「カーボフラッシュトレーニング」も紹介,web上で気軽に体験することが可能です。


高齢者プライマリケア漢方薬ガイド
―チーム医療で必ず役立つ56処方

2016.02.18

内容紹介
高齢者のプライマリケアに活用できる漢方薬処方ガイドの決定版!
高齢者によくみられる疾患・症状に対し、最初に使いたいファーストライン3処方を中心に適応症状や使い方のポイントを解説。
ひと目で分かる適応症状のイラストや図を駆使してビジュアルに理解できるように工夫。著者は筑波大学総合診療部で漢方外来を開設した漢方薬と高齢者医療のエキスパート。医師はもとより薬剤師、看護師、介護士らチーム医療スタッフ全員で使える医療関係者必携書。

出版社からのコメント ・高齢者に多い疾患への処方を病名ベースで解説。
・ファーストラインの3処方を重点的に解説。
・分かりやすいイラストで適応症状がよく分かる。
・ポケットに入る新書判。
・初心者に最適!

●新書 並製 234ページ (本体\3,000+税) 2016年発行 中山書店
 出版社ホームページ→トップ


生活習慣か,遺伝か,腸内細菌か? 肥満克服のサイエンス(実験医学Vol.32-No.3)

2015.09.13

肥満は自己責任なのか? 新たに見出された脂肪細胞の機能から腸内細菌の驚くべき作用,投薬・肥満手術が代謝をリプログラミングする機序まで.肥満克服を目指す最新知見と近未来の応用技術をもれなく紹介!

《企画者のことば》
肥満は,エネルギーの摂取量が消費量を慢性的に上回り,余剰なエネルギーが脂肪として蓄積することで生じる.一見簡単な現象のようにみえるが,エネルギー代謝の恒常性は複雑に制御されているため,適切な体重を長期的に維持することは非常に難しい.中枢における摂食制御をはじめ脂肪細胞の質や腸内細菌など多様な肥満要因への理解が深まり,肥満研究は今,制御するステージへと転換期を迎えている.今回の特集では,本分野の多角的なアプローチや抗肥満創薬の最先端を紹介したい.

●定価 2,000円+税 2014年01月発行 B5判 135ページ 羊土社
 出版社ホームページ→トップ



糖尿病治療ガイド2014-2015

2014.05.21

本書は日本糖尿病学会が総力を挙げて編集・執筆されたガイドブックで,コンパクトな1冊ながら,糖尿病診療の全体像,最新情報をわかりやすくまとめた,充実した内容となっている.内科医はもとより,外科系の医師,研修医,コメディカルスタッフ(看護師,薬剤師,栄養士,臨床検査技師,理学療法士,臨床心理士など),医療関連企業の皆様にもご好評いただき,広く活用いただいている.今回の改訂では,新しく発表された糖尿病腎症の病期分類に対応させて,糖尿病腎症生活指導基準を一新し,2013年11月に発行された「糖尿病食事療法のための食品交換表 第7版」に沿って食事療法の記載を見直し,新しい薬剤の情報(SGLT2阻害薬など)も加えるなど,全面的にアップデートして大幅な改訂が行われた.(出版社HP紹介文より)

●B5・112ページ 2014年発行 文光堂
 出版社ホームページ→トップ


糖尿病食事療法のための食品交換表(第7版)

2013.11.01

昭和40年の初版以来,糖尿病患者さん,医療スタッフから高い評価をいただいているロングセラー,「食品交換表」の,11年ぶりの改訂.日本人の伝統的な食文化を基軸として,現代の食生活の現状をふまえ,患者さんが医師や管理栄養士などの指導のもとに,毎日の食事を楽しみながら根気よく治療を続けられる内容を目指した.
[改訂のポイント]
1.食品分類表のなかの1単位あたりの栄養素の平均含有量の一部を見直した.
2.食事に占める炭水化物の割合について,60%,55%,50%の配分例を示した.
3.表紙見返しに「私の食事療法」記入欄をつくった.
4.耳慣れない用語や注意点について,コラムや図を挿入して理解しやすくした.
(出版社HPより)

●B5・132ページ 2013年発行 日本糖尿病協会・文光堂
 出版社ホームページ→トップ


1 2 3 4

このページの
TOPへ ▲