前にもどる   



「でもね、ブドウ糖が細胞の中にはいるときは、細胞のとくべつなドアからしか、はいれないようになっているんだ。そのドアは、カギを使わないと開ひらかないんだよ」
「カギ?」
「そう、そのカギの役目やくめをしているのがインスリンなんだよ」
「へーえ、こんなところにインスリンが必要なのかあ」
「祐太君は、このカギの役目をしているインスリンが、十分につくれなくなったんだよ。食べたごはんからつくられたブドウ糖が、せっかく細胞のところまで運ばれても、インスリンが十分ないから、細胞のドアは閉じたままなんだ」
「細胞の中にはいれないブドウ糖は、血液の中にたまってしまうの?」
「そうだよ、そうなると血液の中のブドウ糖がうんと濃くなってしまう。これを『血糖値が上がる』といっているんだ。わかるかい? つまり、細胞の中でエネルギーがつくれないから、祐太君はだるくて元気が出ないわけだ」
「ふーん、そうだったのかあ」


「血液の中にたまったブドウ糖は、どこへいくの?」
「ブドウ糖は、血液といっしょにからだをひとまわりすると、じん臓ぞうに運ばれていくんだ。じん臓は、血液の中からからだにいらなくなったものを、おしっこにして捨てるところだよ」
「ブドウ糖はどうなるの?」
「ブドウ糖は大事なエネルギーの材料だから、ふつうなら、おしっこにして捨てたりしないんだ。でも、あまりにもたくさんのブドウ糖が運ばれてきたら、じん臓は忙いそがしすぎてまにあわず、余分よぶんな分がおしっこの中に出ていくんだ。 それで、おしっこ(尿にょう)に糖が出てくるようになる。これを糖尿病というんだよ」
「ふーん、インスリンがたりないと、そんなことになるのか」
「そうなんだよ。祐太君は、たりないインスリンを注射でおぎなってあげなくちゃいけないね。そうすれば、ブドウ糖がじょうずにエネルギーとして使われて、血糖値もふつうの人と同じに下がってくるんだよ」
「血糖値は高いままじゃだめなの?」
「いけないね、いろいろやっかいなことが起こるんだ。血液にたまったブドウ糖は、からだに害がいのあるものに変わって細胞の中にはいりこんだり、血管をこわしやすくする原因になるのだよ」
「その、からだに害のあるものも、血管から細胞にはいるんでしょう。それじゃあ、からだじゅうの細胞が害をうけるの?」
「そうだよ、なかでも眼や神経しんけいやじん臓が、とくに悪くなりやすいところだよ」
「わあ、ぼく、そんなのいやだ」
「先生やおとうさん、おかあさんの注意をまもって、食事に気をつけて、正しい時間にインスリン注射をしていたら、そういうことはないんだ。正しい治療は、祐太君を糖尿病のおそろしい害から、ちゃんと守ってくれるんだよ」
「糖尿病でない人は、血糖値がすごく高くなることはないの?」
「ないんだよ。それはね、食事の量やからだのようすにあわせて、すい臓から出てくるインスリンの量が、じょうずに調節ちょうせつされて、食べた物がむだなく利用できるからだよ」
「それじゃあ、たくさん食べる人はたくさんブドウ糖ができて、たくさんエネルギーをつくれるから、すごい力持ちになるの?」
「ふーん。むずかしい質問だねえ。からだが必要なエネルギーの量は、年齢ねんれいや身長や運動の量によって、おおよそ決まってくるんだよ。それ以上にとりすぎたエネルギーは、脂肪になってからだにたまり、太っちゃうんだ」
「おすもうさんみたいに、なっちゃうの?」
「そういうことだね。人には、年齢や身長によって、ちょうどバランスのとれた理想的りそうてきな体重があってね、これを理想体重りそうたいじゅうというんだよ」
「理想体重より重い分は何なの?」
「脂肪だよ。先生が今すわっているイスは、7kgあるんだけどね。たとえば、理想体重より7kg太っている人は、このイスと同じ重さの脂肪をおんぶして動き回っていることになるね」
「こんな重い荷物をもって、歩いたり、階段を登ったりしていたら、からだがまいっちゃうね」
「そのとおり。太りすぎ(肥満ひまん)はいろんな病気をひきおこすんだ。
「ちょうどいい食事の量ってどれくらいなの?」
「年齢によってちがうよ。一日に1000+100(年齢−1)キロカロリーが大まかなめやすだけど、身長の伸びぐあいや体格たいかくによって、ひとりひとり少しずつ量がちがうんだよ」
「ふーん」
「大人のからだに成長するためにも、先生や栄養士えいようしさんにいわれた量の食事をしっかり守ろうね。糖尿病の食事は、祐太君と同じ年齢の子どもたちが、バランスよく成長して、健康であるために理想的な食事なんだよ」
「大きくなるにつれて、必要な食事の量がふえるんだね」
「いいところに気がついたね。ふえるのは食事の量だけではないね。ふえた食物を利用するために、インスリンの量も年齢ごとに少しずつふやすんだよ」
「からだが大きくなったら、それだけ細胞の数もふえるわけだから、ドアのカギになるインスリンもたくさんいるわけなの?」
「それもあるね。だからインスリンや食事の量を正しく調節ちょうせつするために、身長と体重を定期的ていきてきにはかろうね」


「こんなふうにして決めた正しい量のインスリンを、決めた時間に注射し て、決められた量の食事を守っていたら、祐太君はほかの友達とまったく変わらないんだよ」
「インスリンがあれば、だれにも負けないわけだね」
「そうだね。祐太君は、からだにちょうど合ったインスリンの量を決めるために、これから入院するんだよ」
「はい、わかりました」
 こうして、祐太君は入院しました。ちょうどよいインスリンの量がきまり、血糖値がおちつくと、祐太君は、みるみるうちに、もとの元気な少年にもどり、一ヵ月後には退院することができました。


つづきをよむ   



(c) 1996 Soshinsha