糖尿病の本・ビデオ

カテゴリ一覧

2014年09月10日

間違いだらけの褥瘡・フットケア 変容する創傷管理の常識

編集:宮地良樹(京都大学)

「体位変換は場合によっては有害」「消毒を無差別にしない」「外用薬の混合がいいこともある」「臀部にあれば全部褥瘡というのは間違い」などの,褥瘡に対する近年大きく変わった考え方を紹介.糖尿病フットケアの重要性やフットケアと下腿潰瘍の最新のケアについても詳述.褥瘡やフットケアに関わるすべての医療従事者に役立つ創傷管理の新常識.(出版社HP紹介文より)
以下、目次より抜粋
I 褥瘡
 1.1 まず創面をよく診る (磯貝善蔵)
 1.2 褥瘡を治すためにはまず創面環境整備が必要 (門野岳史)
 1.3 創面は乾かさず湿らせて治すのが鉄則 (安部正敏)
 1.4 治療薬は外用薬だけではない (菅野恵美,館 正弘)
 1.5 外用薬混合の工夫 (古田勝経)
 1.6 体位変換は諸刃の剣 (大浦武彦)
 1.7 創傷に消毒剤を使うか?使うべきでないか? (市岡 滋)
 1.8 臀部にある潰瘍は褥瘡ばかりではない (宮地良樹)
 1.9 栄養管理なくして褥瘡治癒なし (岡田克之)
 1.10 新しい治療ツール「陰圧閉鎖療法」 (藤澤章弘)
 1.11 医療行為で起こる褥瘡(医療関連機器圧迫創傷) (須釜淳子,松井優子,木下幸子)
 Topics(1) DTIとは何か? (田村敦志)
 Topics(2) 褥瘡リスクアセスメントツール (仲上豪二朗,真田弘美)
 Topics(3) DESIGN-R (立花隆夫)
 Topics(4) 皮膚の浸軟への対応 (三富陽子)
 Topics(5) 体圧分散とポジショニング (田中マキ子)
II 糖尿病フットケア
 2.1 糖尿病フットケアの重要性を知る (中西健史)
 2.2 これが糖尿病性足病変の皮膚科的治療とフットケア (加藤卓朗)
 2.3 これが糖尿病性足病変の形成外科的フットケア (大澤沙由理,寺師浩人)
 2.4 糖尿病性足病変の血管外科治療のトレンド (宮地紘樹,児玉章朗,古森公浩)
III 下腿潰瘍
 3.1 下腿潰瘍の原因はうっ滞だけではない (谷岡未樹)
 3.2 血流管理なしに下腿潰瘍は治らない (伊藤孝明)
 3.3 予防管理・圧迫療法の重要性 (是枝 哲)
付録 代表的な体位分散マットレス
●B5 並製 240頁 写真・図・表:200点 2014年発行 中山書店
 出版社ホームページ→トップ
このページの
TOPへ ▲