糖尿病の本・ビデオ

カテゴリ一覧

2013年11月10日

他科専門医にきく 糖尿病腎症患者のための22の質問

大西由希子(朝日生命成人病研究所 治験部長(糖尿病代謝科))
和田健彦(東京大学医学部付属病院 腎臓・内分泌内科)

 糖尿病専門医から腎臓専門医への質問の背景には、多くの糖尿病合併症の患者さんへの思いがあります。合併症の進行してしまった患者さんに対して、自分の無力感や責任を感じない糖尿病専門医はいないでしょう。
 もう少し早く来院してくれればという思いとともに、いずれ他科へ送り出さなければならないと感じている患者さんや、送り出した後の患者さんのためにできることはないか、知っておくべき知識はないのかと考えている医師は多いと思います。
 腎臓専門医がお会いする糖尿病患者さんは合併症が進行してしまっている患者さんたちです。糖尿病の恐ろしさを実感しながら、腎臓以外の合併症にも目を配りつつ、そのような患者さんたちに心身共に調子良く生活していただくにはどうしたらよいか、思い悩まされる毎日です。
 是非、皆さんの同級生にも、本書を紹介してください。
 そして、学生時代のあの頃のように、ざっくばらんに、情熱的なやり取りをしてみてください。
 専門を持った皆さんの素朴な疑問の「深さ」が領域を越えて混じり合い、さらなる「広さと多様性」へとつながっていくことと信じています。(はじめに より抜粋引用)

SCICUS 特設ページ

以下、主な目次より。
その1 糖尿病腎症における蛋白制限
その2 糖尿病腎症と運動との関係
その3 風邪薬・鎮痛薬と腎機能低下
その4 糖尿病腎症における血圧コントロール
その5 透析導入後の各種コントロール
おまけ 同級生余話
巻末資料
●B5 ・115ページ 2013年発行 SCICUS
 ホームページ→トップ
このページの
TOPへ ▲