糖尿病の本・ビデオ

カテゴリ一覧

2013年01月01日

慢性腎臓病(CKD)食事指導のポイント―スタッフから患者さんに伝えたい

飯田喜俊・兼平奈々 編

●CKD治療法としては、適正な生活習慣、食事療法、薬物療法などがあるが、食事療法は欠くことができない重要な治療法であり、このことは多くのエビデンスによって示されてきた。
●本書は管理栄養士・栄養士、看護師の方が、必要な基礎知識から具体的な食事指導方法までを理解しやすいように ?保存期 ?糖尿病性腎症?血液透析期?腹膜透析期?高齢者?小児 ?移植者に区別し記述。内容が容易に理解できて、CKD患者さんの病態の改善に役立つ。
●第2版では『CKD診療ガイド2012』に対応させて慢性腎臓病(透析を含む)の食事指導をテーマ別に詳解。左頁はスタッフ用に、右頁は患者さん用に構成。スタッフの指導媒体として、患者用の頁はコピーして使えるようになっている。(出版社HPより)

主な目次は以下のとおり。
総論 慢性腎臓病(CKD)の基礎知識
FROM DOCTOR 1 慢性腎臓病(CKD)とは
FROM DOCTOR 2 栄養評価
各論 慢性腎臓病(CKD)の食事指導
保存期
糖尿病性腎症
血液透析期
腹膜透析期
高齢者
小児
移植者
●A4・120ページ 2013年発行 医歯薬出版
 出版社ホームページ→トップ
このページの
TOPへ ▲