第2章 子どもたちのこころとからだと糖尿病のある生活
2.糖尿病とともにある子どもたち―学童―
(2)どう支える?子どもたちの糖尿病のある生活―学童期―

糖尿病と女性のライフサポートネットワーク
井出 薫
(埼玉県立小児医療センター 糖尿病看護認定看護師)

 学童期では、学校など家庭の外の活動が多くなり、生活の変化に対応する自己管理能力が試される時期となります。小学校低学年では自己注射手技を獲得し、学校での自己注射が可能になるようご家族と一緒に練習していきます。この時、『自分一人でできる』と自信を持ってもらうことが大切です。
 焦らず確実に自己注射ができるようみんなで支えていきましょう。そして、子どもたちの自立も含めて、様々な経験をするという点では、サマーキャンプの参加はとても有意義なものとなります。機会があれば、参加をしてみましょう。
 学校に伝えたい内容については表1に示します。具体的な内容は個々それぞれ変わりますが、例を紹介します。

学校での血糖測定や注射、低血糖対応など、どのように対応するの?
 まず、糖尿病の発症後に学校に入学するときや、入学後に糖尿病を発症した際には、担任の先生や養護教諭、校長先生へ説明をします。病気のこと、インスリン注射や血糖測定など治療のこと、低血糖のことなど、詳しく説明します。学校への説明は、ご家族が説明をして理解をしてもらうこともあれば、治療を担っている病院の医師から直接説明することもあります。
 給食時の注射は保健室で行う子どもたちが多いようです。時にはオープンの子どももいて教室で堂々と注射をする子どももいます。補食や血糖測定は状況によりますが、保健室へグルコースを預けておき低血糖を感じたら行く、予防として休み時間に保健室で補食を摂る、ポケットにグルコースを入れておいて先生に伝えて教室で摂るなど様々な対応をします。低血糖に対して、なかなか自分から声がかけられない、友達に知られたくないから我慢するといったことも時としてあります。ご家族も、学校の様子や友人との関係など、担任の先生と連絡を取りながら、医師や看護師にも相談してください。

友達やクラスメイトへ話はするの?
 子どもたちは、病気や治療に対して、友人との関係など個々それぞれの思いを持っています。クラスの友達みんなに話をする子もいれば、誰にも伝えたくない子もいます。特に、他の児童への説明は子どもの思いを大切にしていきましょう。
 最初はだれにも伝えたくないと話していたお子さんが、仲の良い子に伝えると、 学校の行事や学校外の交流で楽になった、注射も外でできるようになったと話す子どもたちもいます。その一方で、話したことで友達からいろいろ言われて落ち込んだなど、話したことで友達との関係がぎくしゃくしてしまうこともあります。
 学校でオープンにできるかは、クラスの雰囲気が良い状態か、本人が病気を自分のものとして捉え、きちんと対応できているかという点が重要です2)。これについては、病気の発症時から様々な経験を積むことで子ども自身も変化していきます。ご家族は、学年が上がるときやクラス替えの時に子どもの思いを確認する機会を作ることも大切なことでしょう

給食はみんなと同じように食べられるの?
 もちろん、友達と楽しい給食の時間です。しっかり食べてください。学校での給食は重要な栄養源です。学校でインスリン注射ができるようになったら、忘れずに注射をすること。インスリンの量については、主治医と相談しながら、ごはんの量や内容で家族と決めていきましょう。主治医の許可もあり、インスリンの量を調整することができれば、おかわりも禁止ではありません。

林間学校や修学旅行に参加はできるの?
 大丈夫。参加できます。参加してください。しかし、そのためには、血糖測定やインスリン注射、低血糖の対応や物品の管理が子ども自身でできることが必要になります。そのうえで、旅行期間の行事内容や時間設定など情報を得て、インスリンの量の調整を医師に相談をしておきましょう。そして学校の担任の先生や養護教諭に協力を仰ぎ、注射の場所等の調整をしてもらいましょう。このような体験は、子どもにとって大きな自信につながり一段と成長していきます。これらを経験することで、家族から子どもへ自己管理を徐々に移行させていくきっかけにもなります3)

大きくなったら、お医者さんは変わるの?
 発症した時期が1歳でも、時がたてば成長し大人になります。診療科も小児科ではなく、内科になります。これは、とても大切なことです。大人になっても、小さい子どもたちのいる診察室に通うのは恥ずかしいですよね。内科に移ることで、子どもではなく立派な一人の大人として診ていくこととなります。内科へ移る時期は血糖コントロール状態や子ども達の気持ち(自立心の程度など)にもより、年齢で区切ることは難しいことですが、中学校卒業時や高校卒業時、就職など、生活環境が変わる時期に小児科から内科へかわっていくことが多いようです4)

表1 学校に伝えたい主な内容

  1. 病気についての説明
  2. 他の児童、生徒への説明内容
  3. 低血糖
    1)低血糖の予防、処置、補食について(内容・摂取場所)
    2)重症低血糖時の体制(連絡先)
  4. インスリン注射(血糖測定):場所と時間の確保
  5. 学校給食
  6. 体育、部活動、修学旅行等の学校行事への参加
日本小児内分泌学会糖尿病委員会 
こどもの1型糖尿病ガイドブック 患児とその家族のために
1)

引用・参考文献
  • 1)日本小児内分泌学会糖尿病委員会編:こどもの1型糖尿病ガイドブック 患者とその家族のために.文光堂,東京,2007,92‐98
  • 2)井上龍夫他:1型糖尿病お役立ちマニュアルPart1(第3版)インスリンとともに生きる,日本IDDMネットワーク.P14-15.2009.
  • 3)青野繁雄:1型糖尿病と歩こう“この子”への療養指導.医学書院.東京.P15-16.2003.
  • 4)荒木栄一編:小児・思春期糖尿病の対応マニュアル.中山書店.東京.P222-223.2012.
(2016年03月 公開)
目 次
第1章 基礎講座編
1. 糖尿病と女性のからだ
2. あなたと私のための糖尿病基礎講座
第2章 子どもたちのこころとからだと糖尿病のある生活
1.糖尿病とともにある子どもたち―幼児―
2.糖尿病とともにある子どもたち―学童―
3.糖尿病とともに大人の女性への階段を登る―思春期―
番外編 明日からの糖代謝異常妊婦のケアを考えよう

目次 一覧へ ▶

  • トップページへ
  • お知らせ・更新情報
  • seminar・研修会の案内
  • 糖尿病女性のための情報提供
入会案内
  • 代表者挨拶
  • 概要
  • 活動報告
  • 会則
  • 役員・事務局
  • 入会案内
  • リンク集
  • お問い合わせ
このページのトップへ