ニュース(旧資料室) イベント・学会情報 テキスト(学習) データ(資料) 談話室(BBS) メールマガジン モバイル 初めての方へ
糖尿病コラム トップページへ メールマガジン無料登録
8. 糖尿病ネットワークを担当して
2000年10月

 糖尿病ネットワークの制作を担当しています、稲垣と申します。ホームページを作る作業もそうなんですが、事務局宛てに来るメールも私が対応しています。ホームページ上で情報の迷子になったり、糖尿病ネットワークに対してひとこと言いたい方は、事務局にメールをください。返信は迅速に対応するよう努力いたします。

 インターネットというのは、すぐに情報を手にいれられることと、どこにいてもコミュニケートできることにおいては、他のメディアよりも抜群に優れています。しかし、残念ながら、当サイトの今の段階では、インタラクティブなページ(情報発信型に対して双方向性型のページのことをいいます)が少なく、後者の部分で遅れていますので、メールのやりとりでその点を少しでもカバーできればと、問い合わせのメールをなるべく早く返信しています。ただし、メールも通常の手紙と同じですので、聞き逃げ?と思われるようなマナー違反のメールはご遠慮ください。また、医療相談や栄養相談も承る体制ができていませんので、ご遠慮いただいていることをご了承くださいますようお願いいたします。

 糖尿病ネットワークの更新は、ほぼ3日に1回。それを月に2回程度、配信登録している方へメールで案内します。開設してからずっとそれを繰り返して4年が経ち、おかげさまで月間ヒット数が96万件(2000年6月)、配信登録者数では7,400名強(2000年10月現在)を達成するまでに至りました。

 当サイトの基本的な考え方は「糖尿病であっても、毎日楽しく生活しましょう」です。

 糖尿病患者さんは、治療上、自分で血糖を管理する必要があり、それは大変なストレスではないかと私は思います。例え、同じ食事・同じ薬をとったとしても、血糖値が同じになることはないでしょうし、主治医の指示をつい破ってしまえば、自分を責めたりするでしょう。そんな健常者が負わないストレスを、あえて自分も周りも認めてあげて、「治療も大切。それと同時に、毎日毎日をいかに楽しく生きるかもすごく大切。どちらも一緒に考えましょう」という考え方です。そのために役立つ様々な情報を提供しています。

 「談話室」では同じ境遇の仲間が情報交換しています。「糖尿病セミナー」では糖尿病についてわからないことがたいていは書かれています。「糖尿病情報源100」では便利な糖尿病グッス・サービスが紹介されています(※「糖尿病情報源100」は、「糖尿病リソースガイド」に統合されました)。どんどん利用していただきたいと思います。

Copyright ©1996-2019 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
INDEX
  1. 厚生白書に見る糖尿病
  2. 糖尿病の患者数と医療費の推移
  3. 目で見る病型、病気のかたち
  4. 糖尿病食と減塩食
  5. 5分でわかる糖尿病
  6. インスリンを打つということ、食事を摂るということ
  7. 足がビリビリ? 神経障害
  8. 糖尿病ネットワークを担当して
  9. 『糖尿病からの帰還』を読んで
  10. 眼鏡をかけるとよく見える?
  11. 糖尿病の方が加入できる保険
  12. 糖尿病と人工透析(1999)
  13. 長時間、飛行機に乗る際に
  14. 高血糖は高血圧や高脂血症より、健康上の問題として認識されにくい
  15. インスリン誕生の地
  16. GOLD・たばこ・糖尿病
  17. 「糖尿病ネットワーク」開設5周年
  18. 食後3時間以上経過して血糖値200以上の人の頻度、ほか
  19. 超速効型インスリンは、山を削って谷を埋める
  20. 尿糖を調べてみよう
  21. 生活習慣病の一次予防に向けて
  22. “インスリンに頼る”という表現
  23. 民間療法
  24. 「日臨内研究2000」にみる、糖尿病性神経障害とわが国の糖尿病の実態
  25. 糖尿病の食事療法
  26. 雑感『生活エンジョイ物語』
  27. 血糖値の情報量
  28. 女性糖尿病患者はどこに?〜性差と病名について〜
  29. 気になったセールストーク
  30. インスリン療法を続けて50年 第1回「リリー インスリン50年賞」表彰式
  31. 糖尿病患者として世界で初めて南極点へ到達 ウイル・クロスさん
  32. 糖尿病とたばこ
  33. 旅行者血栓症
  34. インスリン療法を続けて50年
  35. 糖尿病患者さんの年末・年始の過ごし方