ニュース(旧資料室) イベント・学会情報 テキスト(学習) データ(資料) 談話室(BBS) メールマガジン モバイル 初めての方へ
糖尿病コラム トップページへ メールマガジン無料登録
31. 糖尿病患者として世界で初めて南極点へ到達 ウイル・クロスさん
2004年05月

 11月15日に東京都内で開催された探検家ウイル・クロスさんを囲む懇話会『夢をおいかけよう』に行ってきました。

 クロスさんは探検家であり、1型糖尿病患者でもあります。これまで北極点への到達、北米大陸の最高峰マッキンリー山、アンデス山脈の最高峰アコンカグア山の登頂、サハラ砂漠の横断など、数々の探検をはたしてきました。そして、昨年11月から今年1月にかけて、糖尿病患者として初めて南極点を踏破することに成功しました。

 このイベントは11月14日の世界糖尿病デーに合わせて、ノボ ノルディスク ファーマの主催で行われました。当日、会場には1型糖尿病患者さんや医療スタッフなどが60名程が集まり、興味津々といった感じでクロスさんのお話に聞き入っていました。



以下はそのときの模様です ――
 今回の南極点への旅は、ウイル・クロスさん、父親のマイケル・クロスさん(60歳、南極点に到達した最年長者です)と、医師で研究者のブレット・グッドパスター先生などのチームにより、2002年11月17日に始められました。そしてウイルさんたちは、海岸からの680マイル(約1,168km)の道のりを歩き通し、2003年1月17日午後6時15分に南極点へ到達しました。

 その行程はとても過酷なものでした。気候はマイナス50度と厳しく、食料などが入った約70〜75kg のソリを引きながら1日12時間歩いたというので、運動量だけでも大変なものでした。さらに、食事や睡眠も通常の環境下と同じようにはいかず、凍傷や脱水症の危険もありました。

 クロスさんは、この探検の間ずっと、プレフィルドタイプの超速効型インスリン製剤で血糖コントロールを続けました。装備については、インスリン製剤は凍らせると変質して使えなくなるので、プレフィルドタイプのインスリン製剤が凍るのを防ぐために特に配慮したそうです。

 また、今回の探検のために、2年間をかけて計画を練り、周到に準備やトレーニングを重ねたそうです。過酷な環境において、糖尿病患者さんのからだのエネルギー代謝や筋肉の機能を十分に活かすために、特別な研究が行われました。


ウイル・クロスさんのサイン。上に「お元気で」と書いてあります。
 クロスさんは南極点到達のときの大きな写真を聴衆に見せ、「この探検を知った人が、特に自分と同じ糖尿病の人が、自分の夢を追い求める気持ちになってくれれば嬉しいです」と語りました。

 質疑応答の時間に、参加者の「クロスさんは探検家として世界中で注目を浴びていますが、糖尿病になったことは幸運でしたか、それとも不運でしたか」という質問に、クロスさんは「糖尿病とともに生きなければならないのはラッキーなことではありません。私は10代の頃は糖尿病を受容できなくて、投げやりになったことが幾度もあります」と答えました。「でも、糖尿病はコントロールできる病気です。適切に血糖値をコントロールすれば、健康な人と変わらない生活を送れます。皆さんもそれぞれベストを尽くして、人生をよりよいものにしてください」。

 クロスさんは今後、「探検家のグランドスラム」の達成を目指しているそうです。探検家のグランドスラムとは、北極と南極、7つの大陸の一番高い山々を制覇するという壮大なものです。この計画については、米国の Web サイトで紹介される予定です。

 そしてクロスさんは懇話会の終わりに、会場の希望者すべてと、力強く握手を交わしました。

Copyright ©1996-2019 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
INDEX
  1. 厚生白書に見る糖尿病
  2. 糖尿病の患者数と医療費の推移
  3. 目で見る病型、病気のかたち
  4. 糖尿病食と減塩食
  5. 5分でわかる糖尿病
  6. インスリンを打つということ、食事を摂るということ
  7. 足がビリビリ? 神経障害
  8. 糖尿病ネットワークを担当して
  9. 『糖尿病からの帰還』を読んで
  10. 眼鏡をかけるとよく見える?
  11. 糖尿病の方が加入できる保険
  12. 糖尿病と人工透析(1999)
  13. 長時間、飛行機に乗る際に
  14. 高血糖は高血圧や高脂血症より、健康上の問題として認識されにくい
  15. インスリン誕生の地
  16. GOLD・たばこ・糖尿病
  17. 「糖尿病ネットワーク」開設5周年
  18. 食後3時間以上経過して血糖値200以上の人の頻度、ほか
  19. 超速効型インスリンは、山を削って谷を埋める
  20. 尿糖を調べてみよう
  21. 生活習慣病の一次予防に向けて
  22. “インスリンに頼る”という表現
  23. 民間療法
  24. 「日臨内研究2000」にみる、糖尿病性神経障害とわが国の糖尿病の実態
  25. 糖尿病の食事療法
  26. 雑感『生活エンジョイ物語』
  27. 血糖値の情報量
  28. 女性糖尿病患者はどこに?〜性差と病名について〜
  29. 気になったセールストーク
  30. インスリン療法を続けて50年 第1回「リリー インスリン50年賞」表彰式
  31. 糖尿病患者として世界で初めて南極点へ到達 ウイル・クロスさん
  32. 糖尿病とたばこ
  33. 旅行者血栓症
  34. インスリン療法を続けて50年
  35. 糖尿病患者さんの年末・年始の過ごし方