ニュース(旧資料室) イベント・学会情報 テキスト(学習) データ(資料) 談話室(BBS) メールマガジン モバイル 初めての方へ
糖尿病コラム トップページへ メールマガジン無料登録
19. 超速効型インスリンは、山を削って谷を埋める
2001年08月

 超速効型インスリン「ヒューマログ(商品名)」が間もなく国内で発売されるとのことです。その販売元の日本イーライリリーの主催で行われた、「より生理的な血糖コントロールをめざして」と題したシンポジウムを見てきましたので、そのとき聞いた話をまとめてみます。

■HbA1Cは血糖変動の平均値

 数題の講演があったのですが、講演内容のなかでたびたび取り上げられ、印象に残ったのは、血糖変動の振幅と合併症の関係でした。
 現在、糖尿病の治療(血糖コントロール)の指標としては、HbA1Cが多く用いられています。HbA1Cは、検査の時点から過去1〜2カ月の血糖コントロールの状態がわかる重宝な検査値です。
 しかしHbA1Cは、血糖変動の平均値を示すため、過去1〜2カ月の間に血糖値が実際にどのくらいの幅で上下動していたかは、わかりません。例えば図1のように、食前も食後もよく血糖コントロールできているAという人と、食前は血糖がかなり低く食後に高血糖になっているBという人を比較した場合、血糖値の平均値であるHbA1Cには、差が現れないということです。

■HbA1Cが同じでも合併症の起こり方が異なる理由は

 とはいえ、HbA1Cが同じだからといって、AとBの場合で、合併症の起こる確率が同じというわけではないようです。<

 血糖値がある程度以上に高くなっている時間帯(図1のピンクの部分)には、血液が固まりやすくなったり、タンパク質の糖化、酸化ストレスが強まる、遊離脂肪酸が放出される、など、からだによくない現象が起こり、それが合併症を引き起こす原因となります。さらに、それら血糖値が高い時間帯に起きる現象の一部は、血糖値が正常域に低下したあとも、引き続き悪影響を及ぼすようです。

 ですから、より理想的な糖尿病管理とは、高血糖状態にある時間を減らし、HbA1Cでは把握できない血糖値の上下動“振幅”を少なくすること、つまり、より健康な人の血糖変動に近づける、ということになります。今回のシンポジウムのテーマが「より生理的な血糖コントロールをめざして」となっているのは、このためなのでしょう。

 講演では、山岳地帯の写真と丘陵地帯の写真を対比させ、この辺りのことをわかりやすく解説していました。1日24時間、同じ時間内で、なだらかな山を3回上り下りするのに比べ、急峻な山を上り下りするほうが大変で、からだは疲れます。

図1HbA1Cは血糖変動の平均値

■尿糖が出てなくても糖尿病でないとはいえない

 一方、空腹時の血糖値が126mg/dL以上の場合は糖尿病と診断されます。ところが、血糖値が126mg/dL以上でも170mg/dL前後に達していなければ尿糖は検出されませんから、尿糖検査だけでは糖尿病を見逃してしまうことになります。

 つまり、尿糖が出ていないからといって糖尿病ではないとはいえないということです。また、じん臓の機能は年齢とともに低下することが多く、高齢者では糖尿病で血糖値が170mg/dLよりさらに高くなっても、尿糖が検出されないこともあります。

 なお、血糖値が正常レベルにあるのに尿糖が排泄される「じん性糖尿」という状態もあり、これは糖尿病ではありません。

■尿糖を測ってみよう

 このような理由から、糖尿病の可能性を否定するのには尿糖検査は向きませんが、もし尿糖が検出されれば糖尿病の疑いが強いと判断できます。また、尿糖測定でおよその治療経過をみることもできます。ここで、尿糖を測って治療に生かす方法を簡単に紹介しておきます。

  • 1.測り方
     尿をコップにとって試験紙を浸し、すぐに取り出します。試験紙の色の変化を色調表と照らし合わせて、尿糖マイナス(陰性)かプラス(陽性)か、陽性の場合のその程度を確認します。なお、尿糖試験紙は、糖尿病を見つけ出すことを主目的として、わずかな尿糖にも敏感に反応するように作られているタイプと、糖尿病の管理を目的とし、わざと感度をやや鈍くして作られているタイプがあります。
  • 2.測定するタイミング
     尿糖測定の結果は、検査した尿が作られた時間帯の血糖値、つまり、前回トイレに行ったあと今回尿糖を測定するまでの血糖レベルが反映されます。尿糖を測るタイミングによって、具体的には以下のことがわかります。

    【起床直後の検査】
    夜間寝ている間の血糖値が反映されます。起床直後の尿糖がプラスなら、糖尿病のコントロール状態はあまりよくないといえます。
    【朝食前の検査】
    起床直後に一度トイレに行き、朝食前にもう一度検査すると、通常は1日のうちで最も血糖値が低い時間帯に作られた尿を調べることになります。もし、このタイミングの検査で尿糖が陽性なら、だいぶコントロールが悪いか、なにか特別な原因があると考えられます。
    【昼食や夕食前の検査】
    食事の前は血糖値が本来は低いものなので、食前にはいつも尿糖マイナスとなるようにコントロールしたいものです。尿糖を測る1時間から30分前に、一度トイレに行ってぼうこうを空にしておくと、食前の血糖値をより正しく反映した結果が得られます。
    【食事の後の検査】
    食後は血糖値が高くなります。起床後や食事の前の検査で尿糖マイナスの人でも、食後はプラスになりがちなものです。もしも食後2時間ぐらいに尿糖を測って、それがいつもマイナスならば、完璧とはいえないまでも、かなり理想に近い血糖コントロールといえます。なお、食後の尿糖を正しく測るには、食事の前にトイレに行っておくことが大切です。でないと食前の血糖値が低い時間帯に作られた尿と、食後に作られた尿が混ざってしまい、実際は血糖値が高くなっているのに尿糖が強く現れなくなります。

Copyright ©1996-2019 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
INDEX
  1. 厚生白書に見る糖尿病
  2. 糖尿病の患者数と医療費の推移
  3. 目で見る病型、病気のかたち
  4. 糖尿病食と減塩食
  5. 5分でわかる糖尿病
  6. インスリンを打つということ、食事を摂るということ
  7. 足がビリビリ? 神経障害
  8. 糖尿病ネットワークを担当して
  9. 『糖尿病からの帰還』を読んで
  10. 眼鏡をかけるとよく見える?
  11. 糖尿病の方が加入できる保険
  12. 糖尿病と人工透析(1999)
  13. 長時間、飛行機に乗る際に
  14. 高血糖は高血圧や高脂血症より、健康上の問題として認識されにくい
  15. インスリン誕生の地
  16. GOLD・たばこ・糖尿病
  17. 「糖尿病ネットワーク」開設5周年
  18. 食後3時間以上経過して血糖値200以上の人の頻度、ほか
  19. 超速効型インスリンは、山を削って谷を埋める
  20. 尿糖を調べてみよう
  21. 生活習慣病の一次予防に向けて
  22. “インスリンに頼る”という表現
  23. 民間療法
  24. 「日臨内研究2000」にみる、糖尿病性神経障害とわが国の糖尿病の実態
  25. 糖尿病の食事療法
  26. 雑感『生活エンジョイ物語』
  27. 血糖値の情報量
  28. 女性糖尿病患者はどこに?〜性差と病名について〜
  29. 気になったセールストーク
  30. インスリン療法を続けて50年 第1回「リリー インスリン50年賞」表彰式
  31. 糖尿病患者として世界で初めて南極点へ到達 ウイル・クロスさん
  32. 糖尿病とたばこ
  33. 旅行者血栓症
  34. インスリン療法を続けて50年
  35. 糖尿病患者さんの年末・年始の過ごし方