ニュース(旧資料室) イベント・学会情報 テキスト(学習) データ(資料) 談話室(BBS) メールマガジン モバイル 初めての方へ
糖尿病コラム トップページへ メールマガジン無料登録
12. 糖尿病と人工透析(1999)
2001年02月
〜透析会誌「わが国の慢性透析療法の現況」より〜

 今回は、先月発行の日本透析医学会雑誌の「わが国の慢性透析療法の現況」から、糖尿病と関係のある部分をピックアップして紹介します。この年の調査では、糖尿病性網膜症による失明の有無や、四肢切断・心筋梗塞・脳梗塞・脳出血の既往などが、新たな調査項目として加えられています。

■透析が必要になる原因の第一位は糖尿病性腎症
その患者数・比率はさらに増加

 1999年末時点の国内の透析患者数は19万7,213人で、98年より1万1,891人、6.4%増加しています。

 99年の1年間で新たに透析を始めた患者数は3万438人で、これを原疾患別にみると、糖尿病性腎症が1万1,009人(36.2%)で第一位、続いて慢性糸球体腎炎1万215人(33.6%)、腎硬化症2,117人(7%)などとなっています。糖尿病性腎症は98年の調査で初めてトップとなり、99年はさらに患者数・比率とも上昇していて、慢性糸球体腎炎が患者数・比率とも減少傾向にあるのと対照的です。なお、83年の最初の調査では、慢性糸球体腎炎が5,750人(58.3%)、糖尿病性腎症は1,538人(15.6%)となっています。

 99年末の透析患者数(透析人口全体)に占める割合でみても、慢性糸球体腎炎は51.1%(9万4,965人)で前年の52.5%(9万5,201人)より減少しているのに対し、糖尿病性腎症は25.1%(4万6,670人)と前年の24.0%(4万3,590人)より増加しています。83年の調査では、慢性糸球体腎炎は72.4%(3万5,125人)、糖尿病性腎症は7.4%(3,592人)でした。

■透析患者の合併症の状況。7.6 %は「失明あり」

 糖尿病性腎症が進行し透析が必要になるということは、他の合併症も進行している可能性が高いと考えられます。今回新たに追加された調査項目から、失明や動脈硬化による合併症の発病状況をみてみましょう。

 まず、糖尿病性網膜症・網膜循環障害による失明については、原疾患が糖尿病性腎症の人のうち7.6%が「失明あり」とされています。そして、透析歴が長い人ほどその割合が高くなることが示されています。

 四肢切断の合併率は、透析患者全体で1.6%です。男女別では、男性2.0%、女性1.0%と、男性が女性のちょうど2倍となっています。原疾患との関係では、糖尿病性腎症の場合の合併率が4.5%と平均よりもかなり高いことが示されています。

 心筋梗塞の既往は、透析患者全体で4.7%です。男女別では、男性5.5%、女性3.5%で、やはり女性よりも男性でその頻度が高くなっています。原疾患別でも、糖尿病性腎症の場合7.6%に既往があり、四肢切断と同じように平均より高くなっています。

 脳卒中との関係では、脳梗塞の既往がある人は透析患者全体の8.4%(男性は9.2%、女性は7.1%)で、原疾患が糖尿病性腎症と腎硬化症の場合は、ともに13%以上と平均を上回っています。一方、脳出血の場合、その既往は透析患者全体で3.1%(男性は3.4%、女性は2.5%)、原疾患が糖尿病性腎症の場合でも、既往の頻度は2.8%となっています。

 以上、糖尿病と関連する主な項目を抜き出しました。この調査では、このほかにも、生命予後に関与する因子なども、糖尿病・非糖尿病に分類して解析しています。

原典資料:「わが国の慢性透析療法の現況(1999年12月31日現在)」
       透析会誌34巻1号(2001年)、1〜31ページ

Copyright ©1996-2019 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
INDEX
  1. 厚生白書に見る糖尿病
  2. 糖尿病の患者数と医療費の推移
  3. 目で見る病型、病気のかたち
  4. 糖尿病食と減塩食
  5. 5分でわかる糖尿病
  6. インスリンを打つということ、食事を摂るということ
  7. 足がビリビリ? 神経障害
  8. 糖尿病ネットワークを担当して
  9. 『糖尿病からの帰還』を読んで
  10. 眼鏡をかけるとよく見える?
  11. 糖尿病の方が加入できる保険
  12. 糖尿病と人工透析(1999)
  13. 長時間、飛行機に乗る際に
  14. 高血糖は高血圧や高脂血症より、健康上の問題として認識されにくい
  15. インスリン誕生の地
  16. GOLD・たばこ・糖尿病
  17. 「糖尿病ネットワーク」開設5周年
  18. 食後3時間以上経過して血糖値200以上の人の頻度、ほか
  19. 超速効型インスリンは、山を削って谷を埋める
  20. 尿糖を調べてみよう
  21. 生活習慣病の一次予防に向けて
  22. “インスリンに頼る”という表現
  23. 民間療法
  24. 「日臨内研究2000」にみる、糖尿病性神経障害とわが国の糖尿病の実態
  25. 糖尿病の食事療法
  26. 雑感『生活エンジョイ物語』
  27. 血糖値の情報量
  28. 女性糖尿病患者はどこに?〜性差と病名について〜
  29. 気になったセールストーク
  30. インスリン療法を続けて50年 第1回「リリー インスリン50年賞」表彰式
  31. 糖尿病患者として世界で初めて南極点へ到達 ウイル・クロスさん
  32. 糖尿病とたばこ
  33. 旅行者血栓症
  34. インスリン療法を続けて50年
  35. 糖尿病患者さんの年末・年始の過ごし方