資料室 トップページへ メールマガジン無料登録
資料室 > 海外の情報 > 糖尿病の患者数

アジア人は少しの体重増加で2型糖尿病を発症 2011年12月09日

世界の10人に1人が糖尿病 2030年までに5億人超 国際糖尿病連合 2011年11月15日

世界初の「肥満税」 飽和脂肪酸の多い食品に課税 デンマーク 2011年10月12日

世界の糖尿病人口は3億6600万人に増加 2011年09月22日

糖尿病など非感染性疾患 国際社会で対策 国連が「政治宣言」 2011年09月21日

全米の数百万人がウォーキング ADAの「ストップ糖尿病」キャンペーン 2011年09月14日

運動で内臓脂肪を燃焼 より確かなのは「有酸素運動」 米研究 2011年08月30日

ビタミンDと運動 骨を強くする生活で糖尿病リスクを低下 2011年08月12日

糖尿病の適切な治療を受けていない子供が2万人 英国調査 2011年07月28日

世界の3億5000万人が糖尿病 30年で2倍に 国際研究であきらかに 2011年06月28日

心疾患など非感染性疾患「多くは予防できる」 WHO報告書 2011年05月01日

100万人の糖尿病チャレンジ 米国で糖尿病リスクをネットで無料判定 2011年04月21日

糖尿病に対して行動しよう 糖尿病が国連総会ハイレベル会合の主題に 2011年04月07日

「アメリカはこのままでは肥満で沈む」 米国で食事の新ガイドライン 2011年02月09日

運動が糖尿病を改善 米国で2型糖尿病の運動ガイドライン 2011年01月07日

中国は世界一の「糖尿病大国」 インドを抜いてトップに 2010年12月28日

ストップ糖尿病「糖尿病ビデオコンテスト」 米国で糖尿病月間 2010年10月22日

2010年世界糖尿病デー 国際糖尿病連合がキャンペーンを開始 2010年05月18日

中国が世界一の「糖尿病大国」に 10人に1人が糖尿病 2010年03月30日

ハイチ地震発生から3週間 緊急支援を求める糖尿病患者さん 2010年02月04日

被災した糖尿病患者に緊急の支援 ハイチ地震発生から1週間 2010年01月20日

糖尿病の脅威は途上国にも拡大 国際糖尿病連合 2010年01月19日

糖尿病への誤った思い込み「糖尿病は深刻な病気ではない?」 米調査 2009年12月04日

血糖自己測定、糖尿病・妊娠など世界ガイドラインをリリース 国際糖尿病連合 2009年10月23日

世界の糖尿病人口、20年後に4億3500万人超 国際糖尿病連合 2009年10月21日

アジア人の糖尿病 カンボジアで治療を受ける糖尿病患者さん 2009年07月13日

アジアの糖尿病人口 近い将来に2億人を突破 2009年05月28日

糖尿病合併症を抑制:米国のインスリンポンプ普及の背景 2009年03月09日

肥満対策のテレビCM 英政府「Change4Life」キャンペーン 2009年01月04日

世界糖尿病デーに世界1000ヵ所でブルーライトアップ 2008年11月17日

インドでも糖尿病が急増 アジア人は糖尿病になりやすい 2008年02月18日

カナダ流 健康的な食生活のための食事ガイド 2007年07月06日

子供の1型糖尿病が世界で増加 2007年06月20日

糖尿病は人類共通の課題 国際糖尿病連合が合意声明 2007年05月24日

欧州の成人の半分が太りすぎ 糖尿病や高血圧も深刻 2007年04月27日

世界の肥満人口増 16億人が太り過ぎ、4億人が肥満 2007年03月29日

世界糖尿病人口は3億8000万人に 半分がアジアに集中 2007年03月23日

英国で食品に分かりやすい栄養表示ラベル 2007年01月30日

世界の糖尿病人口は2億4,600万人に増加 国際糖尿病連合 2006年12月05日

11月14日は世界糖尿病デー 糖尿病を国連決議へ 2006年11月13日

米国の31州で成人肥満が増加 3分の2に糖尿病などのリスク 2006年08月29日

米国の2型糖尿病は30年間で2倍に増加 2006年07月01日

世界腎臓デー 早期発見と予防が重要 2006年06月01日

毎日275人が糖尿病と新たに判定 オーストラリア 2006年05月16日

中国は世界第2位の糖尿病大国 2006年05月09日

清涼飲料水は子供の肥満につながる 米小中学校で販売停止へ 2006年05月03日

中国の糖尿病人口は20年後に7,600万人に増加 2005年11月14日

米国の糖尿病人口は2,080万人 自己管理の「ABC」が重要 2005年10月26日

Copyright ©1996-2019 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。