ニュース

2017年09月08日

2型糖尿病治療に「抗炎症薬」の可能性[HealthDayPro]

 変形性関節症や関節リウマチなどの治療に用いられ、痛みの症状改善効果をもたらす免疫調節・抗炎症薬のdiacerein(ジアセレイン、国内未承認)は、2型糖尿病患者の平均HbA1c値を低下させ、血糖コントロールの改善に有効な可能性のあることが、「Diabetes Care」8月17日オンライン版に掲載の論文で報告された。

[ DM-NET ]
日本医療・健康情報研究所

play_circle_filled ニュース記事の二次利用について

このページの
TOPへ ▲