6. 血糖自己測定とは

2016年4月 改訂


監修
東北大学名誉教授 後藤由夫先生

編集
タニタ体重科学研究所名誉所長
糖尿病治療研究会名誉顧問
東京慈恵会医科大学元教授 池田義雄先生


血糖自己測定(SMBG)とは

 糖尿病の治療は、血糖のコントロールが基本です。しかし、血糖の動きは、厳密にいうと人によって全部異なり、また、いつも一定とは限らないのです。インスリンや経口薬などの薬を使っていると、その動きはさらに複雑になります。
 そんな血糖を適正にコントロールするには、血糖の動きをモニターし、コントロールがきちんとできているかどうかを、チェックする必要があります。とくに、インスリン療法では、血糖の状態によって、インスリンや食事の調整が必要なため、きめ細かい血糖のチェックが必要です。日常の生活でもそのチェックをできるようにしたのが、血糖自己測定です。医療機関でしかできなかった血糖測定を、自宅でも24時間いつでも測定でき、揺れ動く血糖をリアルタイムでとらえる。そして、その血糖の値を治療にフィードバックする。このシステムが、より正常に近い、厳密なコントロールを可にします。この方法に関する研究を、私たちは1976年、世界に先駆けて開始し、実用化をはかったのです。
 その結果、血糖自己測定は、インスリン療法を支える重要な手段であると同時に、健康人と変わらない社会生活を実現する頼もしい「助っ人」となるに至ったというわけです。
  【SMBG:Self Monitoring of Blood Glucose の略で、血糖自己測定のこと】

血糖自己測定は、コントロール改善の強力な助っ人です
主治医の
B先生
2型糖尿病のA子さん

(中間型インスリンを1日1回注射)
A子さん:まぁ、これが私の血糖値ですか? ずいぶん高いですねえ。
B先生:その通りです。今後の課題は正常値との差(青色部分)をどう縮めるかですね。血糖を自己測定すると、どこを治せばいいかがはっきりしてきます。

メリットがこんなにあります

 自分で血糖を測ると、いろいろなことが見えてきます。ひとつひとつの行為が血糖に及ぼす影響、病状との関係などなど、理解が深まるにつれ、治療にフィードバックする内容も充実してきます。
 その結果、血糖のコントロールが一段と向上し、短期的には低血糖やケトアシドーシスなど急性の合併症の回避、長期的には網膜症や腎症など慢性合併症の発症や進展の防止など、さまざまなメリットが得られるようになります。
    血糖自己測定のメリット
    (1) 日常生活と血糖値の相関関係が、リアルタイムでわかる
    (2) きめの細かい適正なコントロールができる
    (3) 効果的な自己注射療法(インスリン、インクレチン)ができる
    (4) 急性、慢性の合併症の進展を防止できる
    (5) 通院回数や入院を減らすことができる
    (6) 良好なコントロールへの意欲が増す
    (7) 病気に対する理解が深まり、治療への意欲がわく
    (8) 安全な妊娠・出産が計画的にできる
    (9) 日常生活の質が向上し、積極的に行動できる


糖尿病3分間ラーニング 関連動画

糖尿病3分間ラーニングは、糖尿病患者さんがマスターしておきたい糖尿病の知識を、テーマ別に約3分にまとめた新しいタイプの糖尿病学習用動画です。

更新情報配信中!