資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
糖尿病の総患者数は211万5,000人 外来患者数は全般的に減少傾向
2001年03月12日
カテゴリー:http://www.dm-net.co.jp/calendar/02/02/ 

平成11年患者調査

 厚生労働省は3月12日、平成11年患者調査の概要を発表した。それによると、推計患者数は入院が148万3,000人、外来が683万6,000人。入院は前回の平成8年調査の148万1,000人からほぼ横ばいだが、外来は733万人から6.7%減少している。

 生活習慣病について疾病別に総患者数 (継続的に治療を受けている患者数の推計値) をみると、高血圧性疾患が718万6,000人(平成8年比4.1%減)、糖尿病が211万5,000人(同2.8%減)、脳血管疾患147万4,000人(同14.7%減)、悪性新生物127万人(同6.8%減)、虚血性心疾患106万7,000人(同10.3%減)などとなっている。

詳細は厚生労働省のサイトへ

[ Terahata ]
カテゴリー :http://www.dm-net.co.jp/calendar/02/02/  

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で
表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。
Copyright ©1996-2018 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
全国生活習慣病予防月間2018川柳・イラスト募集
いいね!記事ランキング
更新情報配信中!